楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

蕎麦の実ときのこのおろし煮

蕎麦の実の香ばしさと歯触りが引き立つおろし煮です。からだの内からやさしく温まります。

作り方

  1. シメジは小房に分け、えのきだけは手でほぐし、しいたけは石づきを取って4等分にする。
  2. 油揚げは千切り、ダイコンはおろして、万能ネギは小口切りにしておく。
  3. 鍋に蕎麦の実を入れてから煎りし、香りが立ったら、出汁を入れて弱火で10分くらい煮る。
  4. 3にきのこ、油揚げ、ダイコンおろしを入れ、しょう油とみりんを加えて味つけし、きのこがやわらかくなるまで煮る。
  5. 器に盛り、青ネギをのせる。

材料(2人分)

  • 蕎麦の実・・・40g
  • シメジ・・・50g
  • えのきだけ・・・30g
  • しいたけ・・・20g
  • 油揚げ・・・1/2枚
  • ダイコン・・・100g
  • 青ネギ・・・1本
  • 出汁・・・1カップ
  • しょう油・みりん・・・各大さじ1

そばがきとキノコのサラダ

そばがきはキノコの戻し汁で練るので、ほのかに味がついています。味噌ドレッシングの素朴な味と蕎麦が合うお腹に優しいサラダです。

作り方

  1. 塩を加えた熱湯でシメジ、マイタケ、エノキをさっとゆでてすくっておく。
  2. 蕎麦粉に1のゆで汁を入れて練り、スプーンなどで丸めて1の沸騰した汁に落として茹でから水気をきっておく。
  3. 器にキノコ、そばがき、春菊を盛りつけ、ドレッシングをかけてさっと和える。

材料(2人分)

  • シメジ・マイタケ・エノキ・・・各30g
  • 春菊・・・10g
  • 《そばがき》
  • 蕎麦粉・・・40g
  • キノコの茹で汁・・・80cc
  • 塩・・・少々
  • 《ドレッシング》
  • 味噌・・・小さじ1
  • 酢・ゴマ油・・・各大さじ1/2

蕎麦とネギの中華風サラダ

乾麺の蕎麦を常備しておくと、簡単なサラダにも使えるので便利です。できれば蕎麦粉100%の十割蕎麦がお勧め。今回は、ネギと蕎麦の芽を加えて、ショウガとレモン汁のきいたドレッシングで和えて、さっぱりと夏向きのサラダにしてみました。

作り方

  1. 蕎麦を茹でて水気を切っておく。
  2. ネギは白髪ネギに、蕎麦の芽は適当な大きさに切っておく。
  3. ドレッシングの材料を混ぜる。
  4. 1と2をドレッシングで和え、好みで海苔をトッピングする。

材料

  • 蕎麦(できれば十割蕎麦)・・・乾麺で30g
  • ネギ・・・20g
  • 蕎麦の芽・・・30g
  • 海苔・・・お好みで適量
  • 《ドレッシング》
  • ゴマ油、レモン汁、酢、すりゴマ・・・各小さじ1
  • ショウガのおろし汁・・・小さじ1/2
  • 塩・こしょう・・・適量
  • しょう油・・・少々

蕎麦粉のおやき

蕎麦粉の素朴な味がするおやきです。蕎麦粉の代わりに全粒粉を使っても美味しくできます。具を包む時には、真ん中に具を置き、皮の周囲をひっぱるようにして中央に集めるようにして包んでいき、最後に丸く形を整えます。

作り方

  1. 生地の材料を合わせ、耳たぶくらいのかたさで手につかなくなるまでよくこねる(固すぎたら水を加え、ゆるすぎたら強力粉を加える)。
  2. 生地を丸めてラップでつつみ、20分くらいねかせる。
  3. カボチャを蒸して、皮をのぞいて潰し、塩少々と干しブドウを加えて冷ましておく。
  4. 高菜をみじん切りにして、ゴマ油を熱したフライパンで炒め、しょう油を加えて味を整え、最後にゴマを加えて軽く炒めてから冷ましておく。
  5. 2の生地を8等分して、直径8cmくらいに丸くのばし、3の具と4の具をそれぞれ4等分して入れて包む。
  6. 蒸気の上がった蒸し器で15分くらい蒸す。
  7. ゴマ油を熱したフライパンに6を入れ、両面を焼き色がつくまで焼く。

材料(作りやすい分量・8個分)

  • 《生地》
  • 強力粉・・・カップ1.5
  • 蕎麦粉・・・カップ1/2
  • ゴマ油・・・大さじ1
  • ぬるま湯・・・120cc
  • 塩・・・少々
  • 砂糖・・・少々
  • 《具》
  • カボチャ・・・1/2個(120g)
  • 干しブドウ・・・大さじ2
  • 塩・・・少々
  • 高菜・・・120g
  • ゴマ油・・・適量
  • ゴマ・・・適量
  • しょう油・・・少々
  • ゴマ油・・・適量

里芋の蕎麦粉のドゥルワカシー(沖縄風煮物)

沖縄の料理のドゥルワカシーはタロ芋を使いますが、タロ芋の生産北限は沖縄。なので、その食感に似ている里芋と芋がらの代わりにカンピョウを使って、蕎麦粉でねっとりした感じをだしてみました。里芋の味わいとそばがきの食感、カンピョウの歯応えを味わえる1品です。

作り方

  1. 里芋は皮を剥いて一口大に切り、塩少々で軽く揉み、ぬめりを取り除いておく。
  2. 干し椎茸を戻しておく。
  3. 鍋に里芋と戻した干し椎茸を入れ、ひたひたになるくらいの水と塩少々を加え、柔らかく煮る。
  4. 里芋が柔らかくなったら、火を止め、熱い打ちに蕎麦粉を振り入れ、手早く練り上げる。
  5. 里芋を潰しながら、滑らかに、きんとん状に仕上げ、最後に塩とごく少量のしょう油で味を整える。

材料

  • 里芋・・・2個
  • 干し椎茸・・・1個
  • 蕎麦粉・・・大さじ1
  • 塩・しょう油・・・少々

蕎麦粉入りパスタ・バジルのジャポネーゼ(ソース)

パスタマシーンがなければ、綿棒で伸ばして、切ってもOK。蕎麦粉を加えたパスタは、ほんのり蕎麦の香りがします。ソースは、松の実とチーズを使ったジェノベーゼの代わりに、味噌を使って、カロリーを抑えたジャポネーゼを作ってみました。ワサビとバジルの香りでいただきます。

作り方

  1. デュラムセモリナ粉と蕎麦粉を合わせたところに、水、塩、オリーブオイルを入れて、しっかりこね(引っ張ってちぎれなくなるくらい)、丸くまとめて、冷蔵庫で20~30分ねかす。
  2. ソースの材料をフードプロセッサーにかけるか、すり鉢でペースト状にする。
  3. 1のパスタ生地をパスタマシーンでのばして、太めの麺に切り、3~5分ゆでる(沈んでいた麺が浮き上がってきたら、だいたいOK)。
  4. 2のソースにパスタのゆで汁を入れて少しのばして、3のパスタとからめる。

材料(2人分)

  • デュラムセモリナ粉・・・70g
  • 蕎麦粉・・・30g
  • 水・・・50cc
  • 塩・・・小さじ1/2
  • オリーブオイル・・・小さじ1
  • 《ソース》
  • バジル(生葉またはペースト状になったもの)・・・10g
  • おろしワサビ・・・小さじ1
  • 味噌・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 塩・こしょう・・・適量
  • パスタのゆで汁・・・大さじ2~3杯

蕎麦の実とはまぐりのワイン蒸し

さくっとした蕎麦の実をはまぐりの旨味の出たスープでいただきます。

作り方

  1. ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで弱火で香りが出るまで熱し、蕎麦の実を、加えて蕎麦の実がさくっとするまで焦がさないように炒める。
  2. 1を別の皿に移し、はまぐりを加え、白ワインとちぎったバジルを入れ、蒸し器で8分くらい蒸す。
  3. 蒸し上がったら、レモン汁としょう油、こしょうを加え、味を調える。

材料

  • はまぐり・・・80~100g(数は大きさによって調整)
  • 蕎麦の実・・・大さじ1
  • ニンニク・・・1/2カケ
  • レモン汁・・・大さじ1
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • しょう油、またはナンプラー・・・適量
  • こしょう・・・適量
  • バジル・・・適量

そばの実と豆腐のそぼろがゆ

そばの実の素朴な味と豆腐がとてもよく合う一品です。そばの実を水から煮ることで、水溶性の食物繊維が多いそばの実の栄養を丸ごと摂ることができます。適度なとろみがついて、胃にもやさしいです。

作り方

  1. 鍋に水とそばの実を入れ、沸騰したら弱火で10分くらい煮る。
  2. そばの実がお好みのかたさになったら、豆腐をくずしながら加えてひと煮立ちさせる。
  3. お好みの薬味を入れ、最後に塩・しょう油で味を調える。

材料(2人分)

  • そばの実・・大さじ2
  • 豆腐・・1/2丁
  • 水・・カップ1
  • 塩・しょう油・・少々
  • 青ネギ、しょうが、白ネギ、ごまなどの薬味・・適量