楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

ヒエとサツマイモのとろとろ煮

ヒエはその名の通り「冷え」を改善する雑穀。煮込むとトロトロ、クリーミーになります。体を温める根菜と一緒に煮ることでよりポッカポカレシピに。ヒエを予め炊く必要がないので手軽に雑穀を使えます。

作り方

  1. サツマイモは5mm厚くらいの輪切り、タマネギとニンニクはスライス、シメジはほぐしておく。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクとタマネギを炒めて、タマネギがしんなりしたらサツマイモとシメジを加えてさっと炒める。
  3. 2にスープを加え、ヒエを振り入れ、蓋をして弱火で7~8分くらい煮つめ、最後に塩・こしょうで味を調える。

材料(2人分)

  • ヒエ・・・大さじ1
  • サツマイモ・・・80g
  • シメジ・・・50g
  • タマネギ・・・50g
  • スープ・・・150cc
  • ニンニク・・・1カケ
  • オリーブオイル・・・適量
  • 塩・こしょう・・・適量

タカキビのタイ風バジル

タイの定番おかずでもある挽肉のバジル炒めを、挽肉のような食感のあるタカキビで作りました。挽肉とタカキビ半分ずつでも、割合はお好みで。ご飯のトッピングやジャガイモのトッピングなどにするとおいしいです。

作り方

  1. 鍋にたっぷりの水と塩ひとつまみを入れ、タカキビを加えて火をつけ、沸騰したら弱火にして15分くらい茹でてから水を切ってしばらく蒸らしておく。
  2. フライパンにゴマ油とニンニクのみじん切りを入れて火をつけ、ニンニクの香りがしたら、適当な大きさにちぎったバジルと1のタカキビを入れて、さっと炒め、ナンプラーとレモン汁で味付けをしながら炒る。

材料

  • タカキビ・・・大さじ2
  • ニンニク・・・1/2片
  • バジル(葉)・・・6、7枚
  • ナンプラー・・・小さじ1
  • レモン汁・・・小さじ1
  • ゴマ油・・・少々
  • 塩・・・少々

ヒエ入りインド風スープ

ヒエはクルーミーな風味が特徴的。牛乳や生クリームを使わずにクリーミーなスープが作れます。ショウガとスパイスを加えたインド風のぴりっとした味が、夏の冷えたカラダを内側から温める、元気スープです。

作り方

  1. ヒエはさっと洗い、タマネギはスライスしておく。
  2. 鍋にゴマ油とクミンを入れて火をつけ、クミンがはじけたら、タマネギを入れてさっと炒め、ヒエとショウガを加えてさらに炒め、トマトと水、クローブとチリを加え煮立ったら弱火にして15分煮る。
  3. 2の粗熱を取り、ミキサーにかけ、最後に塩・こしょうで味を整える。

材料

  • ヒエ・・・大さじ1
  • タマネギ・・・50g
  • ホールトマト・・・180cc
  • 水・・・2カップ
  • ショウガ(おろし)・・・小さじ1
  • クミン・・・小さじ1/3
  • クローブ・・・少々
  • チリパウダー・・・適量
  • ゴマ油・・・少々
  • 塩・こしょう・・・適量

モチ粟クリームチーズ

モチ粟と豆乳でクリームチーズのようなコクのあるディップになります。そのままパンに塗ってもいいし、パンに塗ってからトーストしてもおいしいです。パセリやバジルなどハーブを入れてアレンジするのも楽しいです。

作り方

  1. 鍋に水を入れ、沸騰したらモチ粟を入れて15分くらい煮てから、ザルにあげて、水気を切っておく。
  2. すり鉢に1のモチ粟と潰したニンニク、豆乳、オリーブオイル、レモン汁を加え、しっかり潰す(フードプロセッサーにかけてもOK)。
  3. 塩・こしょうで味を整える。

材料

  • モチ粟・・・大さじ2
  • ニンニク・・・1/2カケ
  • 豆乳・・・小さじ2
  • レモン汁・・・小さじ1/2
  • オリーブオイル・・・小さじ2
  • 塩・こしょう・・・適量

モチ粟のポタージュ

雑穀の中でもこくとクリーミーな食感が特徴のモチ粟をつかったポタージュスープ。簡単に豆乳と粟の栄養を摂ることができます。朝食としても最適。もち粟は、まとめて炊いて、小分けにして冷凍しておけば、手軽に使えます。

作り方

  1. タマネギはスライスしておく。
  2. 鍋に水をたっぷり沸かし、沸騰したらモチ粟を入れて15分くらい煮る。
  3. 2の煮汁と豆乳、モチ粟、タマネギをミキサーにかける。
  4. 再び鍋に戻し、塩・こしょうで味を整える。

材料

  • モチ粟・・・大さじ1
  • タマネギ・・・20g
  • 豆乳・・・カップ1
  • モチ粟の煮汁・・・カップ1/2
  • 塩・こしょう・・・適量

きびのタッブーラ

きびや粟はパスタのようにゆでて調理すると手軽に利用できる。代表的アラブ料理のひとつであるタッブーラは本来は挽き割り小麦のブルゴルを使用するが、普通クスクスで代用。今回はきびを利用して栄養価をぐっと高めた。もの凄く簡単に作れて、ちょっと異国の味がするオススメレシピです。

作り方

  1. ニンニク、タマネギ、パセリ、ミントの葉をみじん切りにする。
  2. 沸騰したお湯にきびを入れ、強火のまま8~10分ゆで、ゆであがったらザルに取り、水気を切っておく。
  3. 1と2を混ぜ、レモン汁、オリーブオイル、塩・こしょうをして味を整える。
  4. レタスやサラダ菜を一緒に盛り合わせ、包んで食べる。

材料(2人分)

  • きび・・・大さじ2
  • パセリ・・・20g
  • ニンニク・・・1/2カケ
  • タマネギ・・・20g
  • レタス・・・適量
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • レモン汁・・・大さじ1・1/2
  • ミントの葉・・・4、5枚
  • 塩・こしょう・・・少々
  • レタスまたはサラダ菜・・・適量