楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

豆腐のぴりぴり汁

豆腐をほんのり辛い味噌スープでいただく、食べ応えのある汁です。
素麺や冷麺の汁としても美味しい!です。

作り方

    1. 豆腐に塩をふり、水気を切る。
    2. タマネギはスライス、青ネギは小口切りにする。
    3. すり鉢にニンニクのスライス、コチジャン、味噌を入れてすり混ぜてからトマトジュースを入れ、昆布だしを少しずつ加えて混ぜる。
    4. 3に2と白ごまを加えて混ぜてから味を調え、豆腐をくずしながら加え、ごま油を回しかける。

材料(2人分)

    • 豆腐・・・100g
    • タマネギ・・・1/4個
    • 青ネギ・・・大さじ2
    • トマトジュース・・・200ml
    • 昆布だし・・・200ml
    • ニンニク・・・1/2カケ
    • 白ごま・・・少々
    • コチジャン・味噌・・・各大さじ1
    • 塩・・・少々
    • ごま油・・・少々

塩麹豆腐のプチピザ

豆腐の塩麹漬けはチーズのような風味。
餃子の皮を生地にトッピングすると、手軽に美味しいスナックがつくれます。

作り方

    1. 豆腐の水をきり、塩麹を全体にまぶす。
    2. キッチンペーパーとラップで包み、冷蔵庫で寝かす。
    3. 塩麹豆腐1/4丁分にオリーブオイルを加えて伸ばし、2枚重ねた餃子の皮に塗る。
    4. 刻んだ海苔をトッピングし、オーブントースターで焼く。

材料(作りやすい分量)

    • 豆腐・・・1/2丁
    • 塩麹・・・大さじ1
    • 餃子の皮・・・8枚
    • 海苔・・・1/4枚
    • オリーブオイル・・・大さじ1

夏野菜の甘酒&豆腐白和え

甘酒と豆腐で作る白和えです。味のポイントは白ゴマ。手軽につくれてコクのある味を楽しめます。夏野菜だけでなく、蒸し根菜や焼き魚にも合いそうです。

作り方

  1. オクラは茹でて5mm厚くらいに、シソの葉とミョウガは千切り、枝豆は茹でて実をだしておく。
  2. すり鉢に甘酒と水気をきった豆腐、白ゴマペースト、味噌を入れてしっかりと混ぜる。
  3. 1の野菜の水気をとってから、2に加えて和える。

材料(2人分)

  • 豆腐・・・50g
  • 甘酒・・・大さじ2
  • オクラ・・・3本
  • シソの葉・・・2枚
  • ミョウガ・・・1本
  • 枝豆・・・大さじ2
  • 白ゴマペースト・味噌・・・各大さじ1/2

うなぎと豆腐の蒸し奴

栄養たっぷり、うなぎのコクをいただく蒸し奴です。さめてもおいしくいただけます。

作り方

  1. うなぎの蒲焼きを細切りにしておく。
  2. ボウルに豆腐をつぶしながら入れ、卵の黄身とうなぎ、青ネギ、ショウガのおろし汁、塩を入れて混ぜておく。
  3. 2を器に入れて、湯気がたった蒸し器に入れ、強火で1分蒸してから弱火で10分蒸す。
  4. うなぎの蒲焼きのタレを蒸し上がった3の上から回しかける。

材料(2人分)

  • うなぎの蒲焼き・・・60g
  • 豆腐・・・100g
  • 卵・・・黄身1個分
  • 青ネギ・・・みじんで大さじ1
  • ショウガのおろし汁・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1/3
  • 蒲焼きのタレ・・・適量

カリカリジャコの豆腐サラダ

ジャコと干しエビのカルシウム、豆腐のタンパク質、新タマネギのビタミン類、三つ葉のカロテン…栄養バランスのいいサラダです。新タマネギと三つ葉でデトックス効果も高く、春に向けて体調を整えられます。ジャコと干しエビをカリカリにしたフライパンに残ったゴマ油の香りをドレッシングに使うのがポイントです。

作り方

  1. 新タマネギはスライス、キュウリは細切り、豆腐は塩少々をふり、クッキングペーパーに包んで水気をのぞいておく。
  2. フライパンにゴマ油を熱し、ジャコを入れてしばらく炒めてから干しエビを入れ、カリカリになったらキッチンペーパーにとる。
  3. 2のフライパンに酒、しょう油、酢を入れて一煮立ちさせ、塩で味を調え、冷ましておく。
  4. ジャコと干しエビ、新タマネギ、キュウリを合わせ、3のドレッシングをかけて和える。
  5. 豆腐を大きなスプーンですくって器に盛り、4をのせ、最後に三つ葉を飾る。

材料(2人分)

  • ジャコ・・・20g
  • 干しエビ・・・5g
  • 新タマネギ・・・1/2個
  • キュウリ・・・1/2本
  • 三つ葉・・・ひとつかみ
  • 豆腐・・・100g
  • ゴマ油・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ2
  • しょう油・酢・・・各大さじ1
  • 塩・・・少々

あんかけ蒸し豆腐

胃腸にやさしく、消化のいい豆腐を蒸すことで、味が濃くなり、おいしさがアップします。ショウガのきいたあんをかけていただくことで、胃腸に優しく消化のいい一品に。カラダのなかから温まります。

作り方

  1. 器に二等分した昆布を敷き、豆腐を大きなスプーンですくって入れ、塩少々をふる。
  2. 沸騰した蒸し器に1を入れて、弱火にして10分くらい蒸す。
  3. 蒸している間に、鍋に出汁としょう油、みりん、酒、ショウガ汁を入れて火にかけ、沸騰したら同量の水でといた片栗粉を加えてとろみをつけ、最後にゴマ油を少々加える。
  4. 蒸した豆腐に3のあんをかけて、青ネギをトッピングする。

材料(2人分)

  • 豆腐・・・160g
  • 昆布・・・5cmくらい
  • 出汁・・・80cc
  • しょう油・・・大さじ1/2
  • みりん・酒・・・大さじ1
  • ショウガのおろし汁・・・小さじ1
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • ゴマ油・・・少々
  • 青ネギ・・・適量

豆腐茶碗蒸し

ショウガ風味と豆板醤の辛味で、一段とカラダの中から温まります。使わなかった卵の白身はスープなどに使います。

作り方

  1. むきえびをこま切り、シイタケをスライスしておく。
  2. ボウルに豆腐をつぶしながら入れ、卵の黄身とむきえび、青ネギ、ショウガのおろし汁、塩を入れて混ぜておく。
  3. 2を器に入れて、湯気がたった蒸し器に入れ、強火で1分蒸してから弱火で10分蒸す。
  4. ゴマ油に豆板醤としょう油を加えて火にかけ、蒸し上がった3の上から回しかける。

材料(作りやすい分量)

  • 豆腐・・・200g
  • 卵・・・黄身1個分
  • むきえび・・・30g
  • 青ネギ・・・みじんで大さじ1
  • シイタケ・・・1個
  • ショウガのおろし汁・・・小さじ1
  • 塩・・・小さじ1/3
  • ゴマ油・・・大さじ1
  • 豆板醤・・・少々
  • しょう油・・・少々

納豆チゲ

切り干しダイコンの戻し汁に甘味と旨味があるので、出汁はいりません。豆腐と納豆を入れたら煮込まずに一煮立ちさせるだけにするのが、美味しくいただくポイントです。

作り方

  1. 鍋に切り干しダイコンと水(180cc)を入れる。
  2. 切り干しダイコンが軟らかく戻ったら、味噌とコチジャンを入れて溶き、納豆と豆腐を加えて火にかけ沸騰したら、しょう油で調える。
  3. 火を止め、小口切りしたワケギを加える。

材料(2人分)

  • 納豆・・・50g
  • 切り干しダイコン・・・10g
  • 豆腐・・・150g
  • ワケギ・・・20g
  • 味噌・・・大さじ1
  • コチジャン・・・小さじ1/2
  • しょう油・・・少々

梅干しの酸辣湯(サンラータン)

酸っぱ辛くて人気!の酸辣湯(サンラータン)を梅干しの酸味を使って手軽に作ってみました。片栗粉などは入れなくても、オクラと春雨でトロトロ感も生まれます。

作り方

  1. 豆腐は小さめの角切り、オクラは細めの小口切り、ネギはみじん切りにする。
  2. 鶏ガラスープに梅干しを千切って入れ、火にかけ、豆腐とオクラと春雨を加えて一煮立ちさせたら、しょう油とラー油を加えて味を調える。
  3. 火を止めて、ネギを加える。

材料(2人分)

  • 梅干し・・・1個
  • 豆腐・・・1/4丁
  • オクラ・・・2本
  • ネギ・・・20g
  • 春雨・・・乾物状態で10g
  • しょう油・・・小さじ1/2
  • ラー油・・・適量
  • 鶏ガラスープ・・・300cc

豆腐チーズ

お酢を少し加えることで酸味のアクセントがつきます。3~4日めくらいが食べ頃。クリームチーズのような味わいをヘルシーにいただけます。

作り方

  1. 豆腐に重しをしてしっかりと水気をきっておく。
  2. 好みの味噌に酒と酢を加えてよく練り合わせておく。
  3. 1の豆腐をガーゼで包み、全体に味噌を塗りつけ、保存容器に入れて冷蔵庫で1~4日くらい漬け込む。

材料(作りやすい分量)

  • 豆腐(もめん)・・・1丁
  • 味噌・・・大さじ3
  • 酒・酢・・・各大さじ1/2