楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

蒸しあさりわかめ

あさりのうま味をしっかりふくんだわかめは、
食感もあるので、満足度が高い。
初春の肌寒い時期に、ホッと温まるひと品です。

作り方

  1. わかめは食べやすい大きさに切る。長ねぎは斜め切りにする。
  2. フライパンにごま油としょうがを入れて熱し、香りがたったら長ねぎを入れてさっと炒め、あさりと酒を加えてふたをする。
  3. あさりの口が開いたらわかめを入れ、しょうゆを加えて混ぜる。
    ※生わかめがなければ、カットわかめ(10g)を水に5分くらい浸して戻し、水気をしぼってから使う。
    塩蔵わかめの場合は、表面の塩を洗い流して水に2~3分浸し、塩抜きしてから使う。

材料(2人分)

    • わかめ(生)・・・60g
    • あさり(殻付き)・・・300g
    • 長ねぎ・・・1/2本
    • しょうが(せん切り)・・・1/2カケ分
    • 酒・・・大さじ2
    • しょうゆ・・・小さじ1
    • ごま油・・・小さじ1

わかめともやしの酢味噌和え

低カロリーな食材同士の組み合わせの惣菜は、
もやしをゆでてから和えるだけの楽々クッキング。
わかめの食感があり、しっかり噛んで食べるので、
低カロリーでも食べ応えは十分に満足できます。

作り方

  1. わかめは食べやすい大きさに切る。もやしは熱湯でさっとゆでて水気をきり、そのまま冷ます。
  2. ボウルにAを入れて混ぜ、わかめともやしを加えて和える。
    ※生わかめがなければ、カットわかめ(10g)を水に5分くらい浸して戻し、水気をしぼってから使う。
    塩蔵わかめの場合は、表面の塩を洗い流して水に2~3分浸し、塩抜きしてから使う。

材料(2人分)

    • わかめ(生)・・・60g
    • もやし・・・100g
    • A[酢、味噌・・・各大さじ1 白すりごま・・・大さじ1/2]

わかめのしょうがきんぴら

わかめをしょうが風味のきんぴらに。
わかめの水溶性食物繊維が腸内環境をととのえ、
体内の不要なものを排出して、スッキリ!と。
春に起こりがちな不調を未然に防ぐのに役立ちます。

作り方

  1. わかめは食べやすい大きさに切る。
  2. フライパンにごま油としょうがを入れて熱し、香りがたったらわかめを入れて2分くらい炒める。
  3. 2にAを加えて炒め、汁気が少なくなったら白ごまを入れて混ぜる。
    ※生わかめがなければ、カットわかめ(10g)を水に5分くらい浸して戻し、水気をしぼってから使う。塩蔵わかめの場合は、表面の塩を洗い流して水に2~3分浸し、塩抜きしてから使う。

材料(2人分)

    • わかめ(生)・・・100g
    • しょうが(せん切り)・・・1/2カケ分
    • 白ごま・・・大さじ1/2
    • A[酒・・・大さじ1 しょうゆ・・・大さじ1/2]
    • ごま油・・・小さじ1

にんじんのくるみ和え

良質の脂質をふくむくるみとカロテンたっぷりのにんじんのサラダ。
カラダを温める作用があるといわれているドライフルーツの干しぶどうをアクセントに。
カラダを冷えから守る、豊かな味わいのつくりおきです。

作り方

  1. にんじんはピーラーで薄くスライスし、塩少々(分量外)をふって3分くらいおき、水気をしっかりとしぼる。くるみは粗くきざむ。
  2. ボウルににんじんとAを入れて混ぜ、くるみと干しぶどうを加えて混ぜる。。
    ※保存の目安は冷蔵庫で3日間。

材料(2人分)

    • にんじん・・・1本
    • くるみ・・・30g
    • 干しぶどう・・・30g 
    • A[酢、白ワイン・・・各大さじ1 粒マスタード・・・大さじ1/2 塩・・・小さじ1/3 粗びきこしょう・・・少々 オリーブオイル・・・大さじ1/2]

さやいんげんの炒り豆腐

東洋医学では温の性質をもつといわれているさやいんげんをたっぷり入れて、
良質のたんぱく質の豆腐を手軽に食べられるようにつくりおきに。
カラダ温め効果の高いしょうがで炒めて冷え改善作用をアップ。

作り方

  1. 木綿豆腐はしっかりと水きりする。さやいんげんは5mm幅に切る。
  2. 鍋にごま油としょうがを入れて熱し、香りがたったらさやいんげんを入れて1分くらい炒め、豆腐をくずしながら加えて炒め合わせる。
  3. 豆腐がポロポロになったら酢としょうゆを回し入れ、火を止めてかつおけずり節と黒ごまを混ぜ、塩で味をととのえる。
    ※保存の目安は冷蔵庫で5日間。

材料(2人分)

    • 木綿豆腐・・・300g
    • さやいんげん・・・12本
    • しょうが(みじん切り)・・・1/2カケ分
    • かつおけずり節・・・大さじ2
    • 黒ごま・・・大さじ1
    • 酢、しょうゆ・・・各大さじ1/2
    • 塩・・・少々
    • ごま油・・・小さじ1

かぼちゃの豆乳カレーポタージュ

血流をよくするビタミンEが豊富なかぼちゃは、夏野菜としてはめずらしく
カラダ温め作用があるといわれています。
豆乳でマイルドに仕上げたポタージュは、スパイスの刺激で代謝アップ作用も。
たっぷり作って冷凍保存しておけば、いつでもカラダポカポカスープを飲むことができます。

作り方

  1. かぼちゃは皮をところどころむき、長さ3cm×厚さ5mmくらいに切る。玉ねぎはスライスする。
  2. 鍋にオリーブオイルをひいて熱し、玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしたらカレー粉を加えてさっと炒め、かぼちゃとバターを加えて混ぜ合わせる。
  3. 2に分量の水を加え、煮立ったらアクを取り除き、ふたをして弱火で10分くらい煮込む。
    ※保存の目安は冷蔵庫で3日間。冷凍庫で1カ月。

材料(2人分)

    • かぼちゃ・・・200g
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • カレー粉・・・大さじ1/2
    • 水・・・150ml
    • 調製豆乳・・・150ml
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • オリーブオイル・・・小さじ1
    • バター・・・5g
    • クミンシード・・・適宜

大根の筑前煮

カラダを冷やす作用があるといわれている大根も、
しっかりと煮込むことで、冷やす作用がゆるみ、
ほっこりと心身をいやすつくりおきに。
しょうが風味でカラダ温め作用も+。
しかも糖質オフ!で、食べ応えがある惣菜になります。

作り方

  1. 大根と鶏もも肉は一口大に切る。しいたけは石づきを切り、傘は四つ切りにし、軸はさく。こんにゃくは一口大にちぎり、熱湯で3分くらいゆでてアク抜きし、水気をきる。
  2. 鍋にごま油をひいて熱し、鶏肉を入れて炒める。鶏肉の色が変わったら、大根としいたけを加えて炒め、全体に油が回ったらこんにゃくを加え、2分くらい炒めてAを加える。
  3. 2が煮立ったら、アクを取り除いてしょうゆを加え、キッチンペーパーをのせて落としぶたにし、弱火にして汁気が少なくなるまで15分くらい煮詰める。
    ※保存の目安は冷蔵庫で5日間。

材料(2人分)

    • 大根・・・10cm
    • 鶏もも肉・・・100g
    • しいたけ・・・3枚
    • こんにゃく・・・150g
    • しょうゆ・・・大さじ1
    • A[水・・・200ml 酒・・・大さじ1 みりん・・・大さじ1/2 和風だしの素・・・小さじ1/2 しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2]
    • ごま油・・・小さじ1

ねぎとごぼうの鶏鍋

ごま油でさっと炒めたねぎと鶏肉に、
カラダを温めるごぼうのささがきを加えて、
鴨南蛮風のコクのある鍋で、おいしくポカポカに。

作り方

  1. 長ねぎは3cmくらいの長さに切る。ごぼうはささがきにする。かいわれ大根は根元を切る。鶏もも肉は一口大に切る。
  2. 鍋にごま油をひいて熱し、鶏肉と長ねぎを入れて炒める。表面に焼き色がついたら、ごぼうを加えてさっと炒め、Aを加えてアクを取り除きながら5分くらい煮込む。
  3. 2にかいわれ大根を加え、かいわれ大根がしんなりしたらいただく。

材料(2人分)

    • ごぼう・・・1/2本
    • 長ねぎ・・・1本
    • かいわれ大根・・・20g
    • 鶏もも肉・・・150g
    • A[水・・・400ml しょうゆ・・・大さじ3 酒、みりん・・・各大さじ2 和風だしの素・・・小さじ1/2] 
    • ごま油・・・小さじ1

もやしとにらの長いもトロトロ鍋

カラダを温めるにらとダイエットのお助け食材であるもやしをメインの具に
味噌味の長いもをとろりとかけて、トロトロ鍋に。
腸内環境を整えながら、カラダもポカポカに。

作り方

  1. 長いもはすりおろし、味噌を混ぜる。にらと豚バラ肉は5cmくらいの長さに切る。油揚げは熱湯を回しかけ、余分な油を取り除いて1cm幅に切る。Aは混ぜておく。
  2. 鍋に大豆もやし→豚肉→にら→油揚げの順にのせ、Aを回しかけてふたをし、火にかける。煮立ったらときどきアクを取り除きながら5分くらい煮込む。
  3. 野菜がしんなりしてきたら長いもを入れて再びふたをし、ひと煮立ちしたらいただく。

材料(2人分)

    • 長いも・・・200g
    • 大豆もやし・・・100g
    • にら・・・1/2束
    • 豚バラ肉(薄切り)・・・100g
    • 油揚げ・・・1枚
    • 味噌・・・大さじ1
    • A[水・・・100ml 酒・・・大さじ2 塩、和風だしの素・・・各小さじ1/2]/li>

納豆にら鍋

カラダを温める作用の高いにらと豚肉を具に
温め効果のある発酵食品の納豆とからめながらいただけば、
内側からポカポカに。しょうがの風味で、さらに温め力が高まります。

作り方

  1. にらは5cm幅くらいに切る。豚バラ肉は一口大に切る。Aは混ぜておく。
  2. 鍋に豚肉とBを入れて火にかけ、煮立ったらアクを取り除き、ふたをして弱火で3分くらい煮込む。
  3. 2に味噌を加えて混ぜ、にらとAをのせる。にらがしんなりしたら火を止める。

材料(2人分)

    • にら・・・1/2把
    • 豚バラ肉(薄切り)・・・150g
    • 味噌・・・大さじ1と1/2
    • A[納豆(ひきわり)・・・100g しょうゆ・・・小さじ1/2]
    • B[水・・・300ml しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2]