楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

人参レバー

にんじんレバービーンズ

ビタミンAが豊富なレバーとにんじんを、眼に効く赤色のキドニービーンズと合わせて煮込みに。
栄養豊富で抗酸化作用の高いひと品。冷めてもおいしいので作り置きにも最適です。

作り方

  1. 鶏レバーは筋や脂肪、血の塊を取り、流水でよく洗ってから熱湯を回しかけ、1cm角に切って赤ワインをふりかける。にんじんは1cm角に切る。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れて熱し、香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしたら、にんじんと汁気をきった鶏レバーを加え、チリペッパーをふって炒める。
  3. 鶏レバーに焼き色がついたらキドニービーンズとAを加え、ホールトマトをつぶしながら加えて混ぜる。フツフツしてきたらアクを取り除き、ふたをして弱火で10分くらい煮詰め、トマトケチャップを混ぜ、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、お好みでパセリをちらす。

材料(2人分)

    • にんじん・・・1/2本
    • 鶏レバー・・・150g 
    • キドニービーンズ(水煮)・・・100g 
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • ホールトマト(缶詰)・・・200ml
    • にんにく(みじん切り)・・・1/2カケ分
    • チリペッパー・・・小さじ1/2
    • 唐辛子(輪切り)・・・少々
    • 赤ワイン・・・大さじ1
    • トマトケチャップ・・・大さじ1
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • A[水・・・100ml ローリエ・・・1枚]
    • オリーブオイル・・・小さじ1
    • パセリ(みじん切り)・・・適宜

ミネスト

カロテンミネストローネ

にんじんをはじめ抗酸化作用の高いカロテンを含む野菜をどっさり入れたミネストローネ。
美容に、健康に、そして眼精疲労の改善に・・・ほっといやされる美味しさで作用します。

作り方

  1. にんじん、かぼちゃ、玉ねぎは1cm角に切る。ブロッコリーは小房に分ける。プチトマトは四つ切りにする。
  2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて熱し、香りがたったらにんじんと玉ねぎを入れて炒める。全体に油が回ったらAを加え、煮立ったらアクを取り除いてふたをし、弱火で20分くらい煮込む。
  3. 2にかぼちゃ、ブロッコリー、プチトマトを加えて再びふたをし、10分くらい煮込み、塩、こしょうで味をととのえる。

材料(2人分)

    • にんじん・・・1/2本
    • かぼちゃ・・・100g
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • ブロッコリー・・・100g
    • プチトマト・・・10個
    • にんにく(スライス)・・・1/2カケ分
    • A[水・・・200ml コンソメスープの素・・・小さじ1/2 ローリエ・・・1枚]
    • オリーブオイル・・・小さじ1
    • 塩、こしょう・・・各少々

大根重ね

大根の重ね煮込み

薄切りの大根と牛肉を重ねて、韓国風の味噌味で煮込んだ温か鍋。
しっかり味がしみ込んでトロトロに煮えた大根が絶品!です。

作り方

  1. 牛ロース肉は一口大に切る。大根は薄く輪切りにする。Aは混ぜておく。
  2. 鍋に大根の1/4量を敷き、牛肉の1/3量を広げてのせる。これをあと2回繰り返し、最後に残りの大根をのせ、しょうがをちらしてAを回しかける。
  3. 2の鍋にふたをして火にかける。煮立ったらアクを取り除き、弱火で15分くらい煮込み、青ねぎをちらす。

材料(2人分)

    • 大根・・・10cm
    • 牛ロース肉(しゃぶしゃぶ用)・・・150g
    • しょうが(せん切り)・・・1/2カケ分
    • A[水・・・100ml 酒・・・50ml にんにく(すりおろし)・・・小さじ1/2 味噌、みりん・・・各大さじ1 コチュジャン・・・大さじ1/2 砂糖・・・小さじ1]
    • 青ねぎ(小口切り)・・・大さじ2

大根と餅米

大根と餅米の中華粥

干しえびと干ししいたけのエキスをたっぷり含んだ汁で餅米を炊いて、じっくりと温まる中華粥に。
大根おろしが消化を助け、心身を癒します。

作り方

  1. 大根としょうがはすりおろす。
  2. 分量の水を入れた鍋に干ししいたけと干しえびを入れ、1時間くらいおく。干ししいたけと干しえびがやわらかく戻ったら、干ししいたけはスライス、干しえびはきざんで鍋に戻す。
  3. 餅米をさっと洗い、2の鍋に入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして20分くらい煮る。
  4. 3がとろっとした状態になったら大根としょうがをおろし汁ごと加え、弱火のままさらに5分くらい煮る。塩、こしょう、しょうゆで味をととのえ、器に盛ってごま油を数滴たらし、青ねぎをちらす。

材料(2人分)

    • 大根・・・10cm
    • 餅米・・・50ml 
    • 干しえび(中華食材)・・・大さじ1
    • 干ししいたけ・・・1枚
    • しょうが・・・1/2カケ
    • 水・・・500ml 
    • しょうゆ、塩、こしょう・・・各少々
    • ごま油・・・少々
    • 青ねぎ(小口切り)・・・大さじ1

大根のハーブグリル

大根のハーブグリル

たっぷりのハーブと一緒にグリルして、大根の新しいおいしさを引き出した一品
鶏肉の旨味とハーブの爽やかな香りが、大根の甘味をひきたたせます。
無農薬大根なら皮をむかずに、皮の歯ごたえも味わえます。

作り方

  1. 大根は5cm幅の輪切りにしてから四つ切りにする。鶏むね肉は一口大に切り、塩、こしょうをふる。
  2. ボウルにAを入れて混ぜ、大根と鶏肉を入れてもみ込み、20分くらいおく。
  3. フライパンに2を漬け汁ごと入れて火にかける。片面に焼き色がついたら裏返して弱火にし、ふたをして15分くらい蒸し焼きにする。

材料(2人分)

    • 大根・・・10cm
    • 鶏むね肉・・・120g 
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • A[にんにく(すりおろし)・・・小さじ1/2ドライハーブ(オレガノ、バジルなど)・・・小さじ1 白ワイン・・・大さじ1 塩、こしょう・・・各少々 オリーブオイル・・・大さじ1/2]

大根鍋

大根鍋

豚肉の旨味がしみ込んだ大根は絶品のおいしさ。
たっぷりのビタミンCと豚肉のビタミンB1が疲れた心身をいやし、疲労回復効果も期待できます。
ヘルシーなのに食べ応え十分なので、スローダイエット向きです。

作り方

  1. 鍋に昆布と分量の水を入れて1時間くらいおく。
  2. 大根はピーラーで薄切りにする。にらは5cmくらいの長さに切る。豚バラ肉は食べやすい大きさに切って塩と酒をふり、軽くもんで片栗粉をまぶす。
  3. 1の鍋を火にかけ、沸騰したら昆布を取り出してスライスし、鍋に戻して豚肉を入れ、ときどきアクを取り除きながら、豚肉に火が通るまで煮る。
  4. 3に大根、にら、Aを加え、ひと煮立ちしたら火を止めて器に盛り、お好みで七味唐辛子をふる。

材料(2人分)

    • 大根・・・1/2本
    • 豚バラ肉(薄切り)・・・150g
    • にら・・・1/2束
    • 昆布・・・5cm角
    • 水・・・400ml
    • 片栗粉・・・小さじ1
    • 酒・・・大さじ1
    • 塩・・・少々
    • A[酒、しょうゆ、みりん・・・各大さじ1/2 塩・・・少々]
    • 七味唐辛子・・・適宜

納豆

納豆鍋

しょうがの風味が効いた、カラダを温める納豆鍋は、
トッピングした納豆を、豚肉やにらにからめながらいただいただきます。
とろとろ〜と心身が癒されます。

作り方

  1. 豚バラ肉は一口大に切る。にらは5cm幅くらいに切る。Aは混ぜておく。
  2. 鍋に豚肉とBを入れて火にかけ、煮立ったらアクを取り除き、ふたをして弱火で3分くらい煮込む。
  3. .2に味噌を加えて混ぜ、にらとAをのせる。にらがしんなりしたら火を止める。

材料(2人分)

    • 豚バラ肉(薄切り)・・・150g
    • にら・・・1/2把
    • 味噌・・・大さじ1と1/2
    • A[納豆(ひきわり)・・・100g しょうゆ・・・小さじ1/2]
    • B[水・・・300ml しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2]

もずく

もずく鍋

もずくをたっぷり入れた鍋は食べ応えがあり、ボリュームたっぷりなのにローカロリー。
もずくのヌルヌル効果で腸内環境もととのう、ダイエット効果の高い鍋です。

作り方

  1. もずくは食べやすい長さに切る。豚バラ肉は一口大に切る。ねぎは斜め切りにする。
  2. 鍋に豚肉とAを入れて火にかけ、煮立ったらアクを取り除き、ねぎを加えてふたをし、弱火で3分くらい煮込む。
  3. 2にしょうゆと酢を加えて味をととのえ、もずくをのせる。

材料(2人分)

    • もずく(生・塩抜き済み)・・・200g
    • 豚バラ肉(薄切り)・・・150g
    • ねぎ・・・1本
    • しょうゆ、酢・・・各大さじ1
    • A[水・・・300ml しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2 チキンスープの素・・・小さじ1/2]

      ※塩抜きしていない塩蔵もずくを使う場合は、あらかじめ水に30分くらい浸してしっかりと塩抜きをする。味付きもずくを使う場合は、しょうゆと酢の量を控えめにする。

さば缶

厚揚げとあさり缶鍋

江戸の名物・深川鍋をイメージしたあさり鍋も水煮缶を使えば、手間もかからず簡単。
厚揚げで食べ応えが豊かになります。

作り方

  1. ねぎは斜め切りにする。三つ葉はざく切りにする。厚揚げはキッチンペーパーでおさえて余分な油を取り除き、縦半分に切ってから5mm幅に切る。
  2. 鍋にあさりとAを入れて火にかけ、煮立ったら厚揚げとねぎを加える。
  3. 再び煮立ったらふたをして弱火で3分くらい煮込み、三つ葉を加え、お好みで七味唐辛子をふる。

材料(2人分)

    • 厚揚げ・・・100g
    • あさり(水煮)・・・100g
    • ねぎ・・・1本
    • 三つ葉・・・5株
    • A[水・・・300ml あさり水煮の汁・・・大さじ2 しょうが(すりおろし)・・・小さじ1/2 味噌・・・大さじ1と1/2 しょうゆ、みりん・・・各小さじ1 和風だしの素・・・小さじ1/2]
    • 七味唐辛子・・・適宜

さば缶鍋

さば缶鍋

ヘルシーだけれどちょっと扱いにくい気がする青魚のさばは、缶詰を使えば調理が楽々。
さばの水煮をトマトと味噌で煮込んだお手軽料理は、和風と洋風、両方の旨味を引き出した鍋料理。
お好みでぶなしめじやえのきたけなどのきのこ類を加えてもおいしいです。

作り方

  1. トマトは六つ切り、キャベツはざく切りにする。
  2. 鍋にさばをほぐしながら入れ、トマトとAを加えて火にかける。
  3. 煮立ったらキャベツとBを加え、再び煮立ったらふたをして、弱火で10分くらい煮込む。

材料(2人分)

    • さば(水煮)・・・200g
    • トマト・・・2個
    • キャベツ・・・3枚
    • A[水・・・200ml さば水煮の汁・・・大さじ2]
    • B[味噌・・・大さじ2 酒、みりん・・・各大さじ1]