楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

  • 切り干し大根のきざみスープ

    歯ごたえのある切り干し大根を使ったスープは、
    レモン風味で、さっぱりした仕上がりに。
    よく噛んで食べるので、ストレス軽減作用も期待できます。
    切り干し大根は、包丁ではなく、はさみを使うと切りやすいです。

    作り方

    1. 1.鍋に切り干し大根とAを入れて5分くらいおき、切り干し大根がやわらかくなったら、玉ねぎを加えて火にかける。
    2. 2.煮立ったらツナを加え、再び煮立ったらアクを取り除き、弱火で3分くらい煮込み、塩、こしょうで味をととのえる。
    3. 3.器に盛り、レモンをのせる。

    材料(2人分)

      • 切り干し大根・・・10g(1cm幅に切る)
      • ツナ(ノンオイル缶詰)・・・60g
      • 玉ねぎ・・・1/2個(スライス)
      • 塩、こしょう・・・各少々
      • A[水・・・360ml コンソメスープの素・・・小さじ1/2]
      • レモン・・・1/4個(1mm幅のいちょう切り)

切り干し大根とトマトのレモンスープ

カリウムの多い切り干し大根とトマトでむくみを解消。
レモンの風味がさわやかで、心身がスッキリと浄化されてくスープです。
切り干し大根をしっかり噛んで味わうスープなので、低カロリーでも食べ応えがあります。

作り方

  1. 切り干し大根はさっと洗い、分量の水に浸して戻す。トマトは縦半分に切ってスライス、玉ねぎもスライスする。
  2. 鍋にサラダ油としょうがを入れて熱し、香りがたったら玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしたらトマトを加えてさっと混ぜ、切り干し大根を戻し汁ごと入れ、コンソメスープの素を加える。
  3. 再び煮立ったらアクを取り除き、ふたをして弱火で10分くらい煮込み、塩、こしょうで味をととのえ、レモン汁を回しかける。器に盛り、お好みでパクチーをちらす。

材料(2人分)

    • 切り干し大根・・・20g
    • トマト・・・1個
    • 玉ねぎ・・・1/2個
    • しょうが(せん切り)・・・1/2カケ分
    • 水・・・500ml
    • レモン汁・・・大さじ1/2
    • コンソメスープの素・・・小さじ1/2
    • 塩、こしょう・・・各少々
    • サラダ油・・・小さじ1
    • パクチー・・・適宜

_XT14461-1(ドラッグされました)

もやしと切り干し大根の炒め煮

切り干し大根の戻し汁の甘味をいかした、炒め煮は、大豆もやしを加えてローカロリーでも栄養がしっかり。
素朴ながら味わい深い炒め煮で、大豆もやしの甘味も堪能できます。
卵焼きの具にリメイクしてもおいしいです。

作り方

  1. 切り干し大根は水に5分くらい浸して戻し、水気をしぼる(戻し汁60mlはとっておく)。
  2. 鍋にごま油と唐辛子を入れて熱し、大豆もやしを入れてさっと炒め、切り干し大根とじゃこを加えて炒め合わせる。全体に油が回ったら、切り干し大根の戻し汁60mlとAを加えてふたをし、弱火で5分くらい煮込む。
  3. ふたをあけて中火にし、汁気が少なくなるまで炒め煮にする。

材料(2人分)

    • 切り干し大根・・・20g
    • 大豆もやし・・・100g
    • じゃこ・・・20g
    • 唐辛子(輪切り)・・・少々
    • A[酒、しょうゆ・・・各大さじ1 みりん・・・大さじ1/2 和風だしの素・・・小さじ1/2]
    • ごま油・・・小さじ1

切り干しダイコンのピリ辛炊きこみご飯

切り干しダイコンのピリ辛ナムルを炊き込んだご飯です。ワカメを加えることで、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよくいただけます。

作り方

  1. 米をとぎ、分量の水にひたしておく。
  2. タレの調味料をボウルに入れて混ぜておく。
  3. 切り干しダイコンを戻してから、タレに入れてもみ、味をしみこませる。
  4. 1にスライスした油揚げと3の切り干しダイコンをタレごと入れて炊く。
  5. 炊きあがったら食べやすい大きさに切ったワカメを混ぜ、青ネギとゴマを散らす。

材料(2人分)

  • お米(五分つきなど)・・・1合
  • 切り干しダイコン・・・10g
  • 油揚げ・・・1/2枚
  • ワカメ・・・ひとつかみ
  • 青ネギ・・・少々
  • ゴマ・・・少々
  • 《タレ》
  • ニンニク・・・おろして小さじ1
  • しょう油・・・大さじ1
  • 酒・みりん・・・各大さじ1/2
  • コチジャン・ゴマ油・・・各小さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 一味唐辛子・・・お好みで少々

切り干しダイコンと高野豆腐のサラダ

切り干しダイコンのビタミンと高野豆腐の良質のタンパク質をいただくサラダです。煮物のイメージが強い切り干しダイコンと高野豆腐の新しい一面を味わえます。

作り方

  1. 高野豆腐は戻して細切りに、切り干しダイコンも戻して水気をしぼる。
  2. ドレッシングの材料を混ぜ、高野豆腐と切り干しダイコン、カイワレダイコンを和える。

材料(2人分)

  • 切り干しダイコン・・・20g
  • 高野豆腐・・・1個(19g)
  • カイワレダイコン・・・適量
  • 《ドレッシング》
  • 酢・しょう油・ゴマ油・・・各大さじ1
  • コチジャン・・・小さじ1
  • 塩・・・少々

ピリ辛ハリハリ漬け

切り干しダイコンの歯応えを残すのがハリハリ漬け。豆板醤を使ったピリっと辛いハリハリ漬けは、しっかり噛む惣菜になります。30分くらい漬けておけば食べられますが、一晩味をしみ込ませると、よりおいしいです。

作り方

  1. 切り干しダイコンは軽く戻し、食べやすい長さに切っておく。
  2. 切り干しダイコン以外の材料を合わせて1を漬け、味をなじませる。

材料(作りやすい分量)

  • 切り干しダイコン・・・30g
  • 砂糖・・・大1/2
  • 黒酢・・・大さじ3
  • しょう油・・・大さじ2
  • 豆板醤・・・小さじ1/2
  • おろしニンニク・・・1/2片分
  • ゴマ油・・・小さじ1
  • 赤唐辛子・・・適量
  • 白ゴマ・・・適量

切り干しダイコンのベトナムお好み焼き風

台湾の代表的惣菜に菜脯蛋(ツァイプータン)という切り干しダイコン入り卵焼きがあります。シャキシャキした切り干しダイコンの歯触りと卵が合う、とてもおいしい一品です。今回は、この組合せをベトナムお好み焼き風(オムレツ)に応用してみました。卵1個で2人分のボリュームがあります。

作り方

  1. 切り干しダイコンを戻して、水気をしぼり適当な大きさに切り、ゴマ油と塩少々で和えておく。
  2. 溶き卵に片栗粉、水を加えて混ぜ、塩少々と小口切りした青ネギを入れて、よく混ぜておく。
  3. フライパンにゴマ油を熱し、2の溶き卵を入れて薄く広げ、周りが固まってきたところに1の切り干しダイコンと香草を入れる。
  4. 卵を半分に折り、両面をパリッと焼き上げる。
  5. タレの材料を混ぜておき、レタスなどに巻いて、タレをつけていただく。

材料

  • 切り干しダイコン・・・乾物で15g
  • 香草・・・適量
  • 青ネギ・・・(小口切りで)少々
  • ゴマ油・・・適量
  • 卵・・・1個
  • 片栗粉・・・大さじ1
  • 水・・・大さじ2
  • 塩・こしょう・・・適量
  • 《タレ》
  • ナンプラー・レモン・・・各大さじ1
  • ニンニクのみじん切り・・・1/2カケ分
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 赤唐辛子・・・輪切りで適量

切り干しダイコンと塩昆布の即席和え

塩昆布の塩分と旨味をいかして、お酢で和えるだけの簡単和え物です。1品足りないな…と思ってから作って間に合う付き出しです。

作り方

  1. 切り干しダイコンを戻しておく。
  2. 1と塩昆布を酢、しょう油少々で和え、ゴマ油とレモン汁を加えて味を整える。

材料

  • 切り干しダイコン・・・10g
  • 塩昆布・・・5g
  • 酢・・・小さじ1
  • しょう油・・・少々
  • ゴマ油・・・2、3滴
  • レモン汁・・・適量

切り干しダイコンのココナッツカレー炒め

タイカレーなどの前菜にピッタリの一品が簡単に作れます。カレーの風味とココナッツの甘味が切り干しダイコン特有の風味を抑え、切り干しダイコンが苦手な方でもおいしくいただけます。

作り方

  1. 切り干しダイコンを戻して水気をしぼっておく。
  2. 鍋にゴマ油をひいて、クミンとスライスしたニンニク、ショウガを入れて香りが出たら、1の切り干しダイコンを入れてさっと炒める。
  3. 2にターメリック、コリアンダー、チリペッパー、を加えてさらに炒める。
  4. 塩・こしょう、ココナッツミルクを加えて、弱火で少し煮詰める。
  5. 最後にナンプラー少々とレモン汁をふりかけ、味を整える。

材料

  • 切り干しダイコン・・・乾物状態で20g
  • ゴマ油・・・大さじ1/2
  • クミン(粒)・・・小さじ1/2
  • ターメリック、コリアンダー・・・小さじ1/2
  • チリペッパー・・・適量
  • ココナッツミルク・・・大さじ2
  • ニンニク、ショウガ・・・適量
  • 塩、こしょう・・・適量
  • ナンプラー・・・少々
  • レモン汁・・・大さじ1

乾物の蒸しスープ

歯応えのある乾物を使ったスープです。スープなのによく噛むレシピになります。日向の味と栄養が凝縮しています。

作り方

  1. 高野豆腐は水で戻して、切り干しダイコンの太さに合わせて千切り。切り干しダイコン、キクラゲもそれぞれ水で戻しておく。
  2. 蒸し器に入る大きさの器に水を入れ、昆布、干し椎茸、ショウガ、干しエビを加えて蒸し器で10分蒸す。
  3. スープの中から昆布、干し椎茸、ショウガを取り出し、干し椎茸は茎をのぞいて、スライスして器に戻す。
  4. 高野豆腐、切り干しダイコン、キクラゲと酒大さじ1を器に入れ、10~15分蒸す。
  5. 塩・こしょうで味を整え、ゴマ油少々を加え、白ネギ、香草を盛りつける。

材料

  • 切り干しダイコン・・・10g
  • 高野豆腐・・・6g
  • キクラゲ・・・大さじ1
  • 干し椎茸・・・1~2枚
  • 干しエビ・・・小さじ1
  • 水・・・1.5カップ
  • ショウガ・・・1カケ
  • 白ネギ・・・適量
  • 香草・・・適量
  • 昆布・・・5cm
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩・こしょう・・・適量
  • ゴマ油・・・少々