楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

サバ缶のメキシカンサラダ

簡単サルサソースとサバの水煮缶で、メキシコ風のピリッと刺激のあるサラダができました。青魚の栄養を骨ごとさっぱりといただけます。

作り方

  1. トマトとタマネギとニンニク、青唐辛子をみじん切りにし、塩・こしょうをしておく。
  2. サバ缶の汁気をよくしぼり、ほぐして、1を加えて混ぜる。
  3. お好みでコリアンダーの葉を加える。

材料

  • サバ・・・1/2缶(70g)
  • トマト・・・60g
  • タマネギ・・・30g
  • ニンニク・・・1/2片
  • 青唐辛子、コリアンダーの葉・・・お好みで適量
  • 塩・こしょう・・・適量

アジの干物のタイ風チラシ寿司

タイ風サラダのドレッシングを使ってすし飯にしました。アジの干物の塩分を使っているので、ナンプラーの量は控えめに。コリアンダーとレモン汁でさっぱりとした風味が味わえます。

作り方

  1. アジの干物を焼いてからほぐしておく。
  2. タマネギをスライスして水につけてからしぼっておく。
  3. キュウリをスライスして軽く塩をふっておく。
  4. ナンプラー、レモン汁、酢、ニンニク、コリアンダー、砂糖をすり鉢で混ぜておく(お好みでチリを加える)。
  5. ご飯に4を加えてすし飯を作り、ほぐしたアジ、水気をしぼったタマネギとキュウリ、グリンピースを加えてさっくりと混ぜる。

材料(2人分)

  • ご飯・・・1杯分
  • アジの干物・・・半尾
  • タマネギ・・・20g
  • グリンピース(水煮缶)・・・大さじ1
  • キュウリ・・・1/2本
  • コリアンダー・・・適量
  • ナンプラー・・・小さじ1/2
  • レモン汁・・・大さじ1/2
  • 酢・・・大さじ1/2
  • ニンニク・・・1/2カケ
  • 砂糖・・・小さじ1/2
  • チリ・・・お好みで

イワシサンド

イワシサンドはポルトガルやトルコでは一般的な屋台メニューです。全粒粉やカンパーニュなどどっしりしたパンが合います。

作り方

  1. イワシに塩・こしょうをふり、全粒粉をまぶしておく。
  2. プチトマトとタマネギをスライスしておく。
  3. フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火にかけ、ニンニクがかりっとしたら、取り出しておく。
  4. 3に1を入れて、両面を焼き、バルサミコ酢をふりかける。
  5. パンにイワシとプチトマト、タマネギ、ニンニクを挟む。

材料(2人分)

  • イワシ・・・半身
  • プチトマト・・・2個
  • タマネギ・・・1/4個
  • ニンニク・・・1カケ
  • オリーブオイル・・・適量
  • 全粒粉・・・適量
  • 塩・こしょう・・・適量
  • バルサミコ酢(黒酢でもOK)・・・適量

サバの黒酢煮

黒酢がサバの臭味を取り除き、食べやすくなります。サバというと味噌煮になりがちですが、サバを別の味わいで食べるのにぴったりです。

作り方

  1. 鍋にaの調味料をすべて入れ、煮立ったら鯖を加えて弱めの中火で、煮汁が1/4くらいになるまで、クッキングペーパーなどで落としぶたをして、15~20分煮る。
  2. 白髪ネギを作る。
  3. 器に1を盛りつけ、白髪ネギを飾る。

材料

  • サバの切り身・・・半身(130~150gくらい)
  • ネギ・・・3cmくらい(白髪ネギ用適量)
  • 《調味料a》
  • ショウガ・・・1カケ(薄切り)
  • 黒酢・・・大さじ3
  • しょう油・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 水・・・50ccくらい(サバがひたひたになるくらいに調整)

オイルサーディンと芽ひじきのサラダ

青魚は体にいいとわかっていても、ちょっと食べにくい…と思っているのなら、とりあえず缶詰でもいいのでは。例えばオイルサーディン。缶ごとオーブンで焼くのもおいしいですが、他の食材と合わせた食べ方も手軽でお勧めです。今回は、芽ひじきと合わせたサラダ。オイルサーディンのオイル分だけで十分おいしいドレッシングになります。

作り方

  1. すり鉢でニンニクとバジルの葉をつぶし、レモン汁、塩・こしょうで味を整えておく。
  2. 芽ひじきは水で戻してから、熱湯にさっとくぐらせておく。
  3. 1に戻した芽ひじき、油をきったオイルサーディン、食べやすく切ったトマト、カイワレを入れてあえる。

材料

  • オイルサーディン・・・30g
  • 芽ひじき・・・3g(大さじ1)
  • カイワレ・・・適量
  • ニンニク・・・1/2片
  • レモン汁・・・大さじ5
  • バジル・・・5枚くらい
  • 塩・こしょう・・・適量
  • プチトマト・・・3粒

アジのマース煮

沖縄では塩をマースと言います。マース煮とは塩と水で煮る沖縄定番の魚料理。こくと旨味は芳醇な沖縄の酒・泡盛で出し、しょう油や砂糖など余分な調味料を一切使わないシンプルな一品です。お好みで香草などを入れて香りをつけるとアジア風になって、おいしいです。

作り方

  1. アジはワタとセイゴをとっておく。
  2. 鍋にアジを入れ、ひたひたの水、泡盛、塩を加え、中火で15分くらい煮る。

材料

  • アジ・・・1尾
  • 泡盛・・・大さじ2
  • 水・・・適量
  • 塩・・・小さじ2
  • レモン汁・・・少々(シークァーサー、スダチ、ライムなど柑橘系ならなんでもOK)
  • 香草・・・適量

アジ・ブリヤニ

ブリヤニとは南インドのチキン炊き込みご飯。今回はチキンの代わりにアジを使ってみました。スパイスはお好みでフェンネル、シナモン、コリアンダーの葉など、いろいろ試してください。土鍋がない場合は、炊飯器でも沸騰したところにさっと焼いておいたアジを加えて炊けば大丈夫。タイカレーやココナッツを使った南インド風カレーと一緒に食べるとおいしいです。

作り方

  1. アジを開いて塩・こしょう、カレー粉をふっておく。
  2. サフランをワインに入れて色を出しておく。
  3. 土鍋に米と水1カップとタマネギ、ニンニク、ショウガ、すべての香辛料、と2のサフランをワインごと入れる。
  4. 3の土鍋に蓋をして強火で沸騰させる。
  5. 1のアジをグリルかフライパンでさっとやいておく。
  6. 土鍋が沸騰したら、5の鰺をご飯の上にのせて、再び蓋をしてごく弱火で10分炊き、火を止めて、15分間余熱で蒸らす。
  7. 最後に中火で1分火にかける。

材料

  • アジ・・・1尾
  • カレー粉・・・少々
  • 塩・こしょう・・・少々
  • インディカ米・・・1合
  • サフラン・・・ひとつまみ
  • 白ワイン・・・大さじ1
  • 水・・・1カップ
  • タマネギ(みじん切り)・・・大さじ1
  • ニンニク(みじん切り)、ショウガ(みじん切り)・・・各小さじ1/2
  • 《香辛料》
  • クローブ(粒)・・・3粒
  • クミン(粒)・・・小さじ1/2
  • カルダモン(粒)・・・1粒
  • ターメリック・・・小さじ1/2
  • ベイリーフ・・・1枚
  • 粒こしょう・・・3、4粒
  • 塩・・・ひとつまみ

サバのインクラル(エチオピア風卵炒め)

インクラルとはエチオピアの、肉や野菜を入れたスクランブルエッグのこと。今回は青魚の鯖で作ってみました。卵を加えることで鯖の臭味がなくなり、食べやすくなります。卵1個でボリュームたっぷりで栄養のバランスの良い一品になります。サラダ菜で巻いて食べてもパンにのせて食べてもおいしいです。

作り方

  1. タマネギとピーマン、ニンニクをみじん切りにしておく。
  2. 卵を割り豆乳を加えてよく混ぜ、タマネギとピーマンのみじん切りを加える。
  3. オリーブオイルを入れたフライパンにオリーブオイルを入れニンニクと唐辛子を炒めて香りがでたら、汁気を切ってほぐした鯖を加えてさらに炒める。
  4. 3につぶしたトマトを加え、さらに炒める。
  5. 2の卵を4に加えて手早くかき混ぜ、ポロポロの状態にする。

材料

  • サバ(缶詰)・・・80g
  • 卵・・・1個
  • タマネギ・・・1/4個
  • ピーマン・・・1/2個
  • ホールトマト・・・1個分
  • 豆乳・・・大さじ1
  • ニンニク・・・1カケ
  • パプリカ・・・小さじ1
  • 唐辛子・・・適量
  • 塩・こしょう・・・適量
  • オリーブオイル・・・適量

イワシのタイ風トースト

タイ料理にあるエビトーストをイワシのすり身で作ってみました。イワシというとパンと合わないイメージがありますが、トルコやポルトガル料理にイワシサンドがあるように、実は、イワシも調理のしかたによっては、パンととても良くあいます。パンは、サンドイッチパン、フランスパン、全粒粉パンなどなんでもお好みで。

作り方

  1. イワシは三枚に下ろして、細かく切っておく。
  2. すり鉢に1のイワシ、青ネギ、ニンニク、ショウガ、香草、青唐辛子を入れ、ねっとりとするまで練る。
  3. ナンプラー、白ワイン、ゴマ油、塩・こしょうを加えて、さらにしっかりと練り、最後にレモン汁を加える。
  4. パンに3を塗り、多めに油を引いたフライパンで両面をかりっと焼く(オイル分が気になる方は、トースターで焼いてもおいしい)。

材料

  • イワシ・・・1尾
  • 青ネギ・・・適量
  • ニンニク・・・1/2カケ
  • ショウガ・・・1切れ
  • 香草・・・適量
  • 青唐辛子・・・適量
  • ナンプラー・・・小さじ1/2
  • 白ワイン・・・少々
  • ゴマ油・・・少々
  • 塩・こしょう・レモン汁・・・適量
  • パン・・・適量

サバじゃが

手軽に青魚の栄養を摂れるレシピです。肉じゃがを作る際に使う炒め用の油や味付け用の砂糖を使わなくても、素材の旨味を生かして、十分おいしい味わいになります。しょう油のかわりに味噌を使って、サバ味噌風にアレンジしてもおいしいです。

作り方

  1. ジャガイモとニンジンは乱切り、タマネギはスライスしておく。
  2. 鍋にジャガイモ、ニンジン、タマネギ、サバ、水を入れ、5分くらい煮る。
  3. ジャガイモなどに火が通ったら、サバを加えて、酒、しょう油、みりん、唐辛子を入れて、野菜が柔らかくなるまで10分くらい弱火で煮る。
  4. 熱くてもおいしいが、さましながら味を染みこませるとさらにおいしい。

材料

  • サバ(缶詰)・・・180g
  • タマネギ・・・1/2個
  • ニンジン・・・30g
  • じゃがいも・・・中1個
  • 酒・・・大さじ1
  • しょう油・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 唐辛子・・・1本
  • 水・・・150cc