楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

『心とカラダをととのえる「毎日スープ」』(笠倉出版社刊)

野菜をたっぷり食べられる『心とカラダをととのえる「毎日スープ」』(笠倉出版社刊)が出版されました。
スープは古くから世界各地で人々の心とカラダをいやしてきました。
もともと「レストラン=restaurant」は、ラテン語で「回復する」という意味の「restauro」に由来する言葉だとか。
あたたかく代謝を高めるスープは、人間が本能的に求める癒しのメニューだといえそうです。
現代でも、スープは、煮込むことで野菜をたっぷりとることができ、忙しく栄養不足になりがちな人々にとってもうってつけです。
スープのレシピ本は、これで3冊目になりますが、
今回は、「腸に効く」「疲労回復」「代謝を高める」「抗ストレス」といった効果からレシピをご紹介。
毎日の体調にあわせてスープをいただくことで、不調を未然に防いだり、軽減させることができたら、と思います。

また、包丁不要・お湯を注ぐだけなどの即席レシピや、
お弁当にも役立つ便利なラップスープもご紹介しています。

そろそろ温かいものをいただきたくなる季節。
毎日スープで、心もカラダもホッとする・・・そんな風に使っていただけたらうれしいです。

『カラダに効く!たっぷり野菜の食べ方』(笠倉出版社刊)

この野菜1つで何つくる? 『カラダに効く!たっぷり野菜の食べ方』(笠倉出版社刊)が出版されました。
今回は、なるべくシンプルに、
野菜をたっぷり、手軽にいただくためのレシピをあれこれ紹介しています。
何故野菜をたっぷり食べるか?といえば、
それは、「カラダに必要な栄養をとるため」。
種類によって違いはありますが、あらゆる野菜に共通しているのは、
食物繊維やビタミン、ミネラルなどの豊富な栄養分がふくまれていることです。
ビタミンやミネラルは、カラダのさまざまな機能を正常に働かせるために必要ですし、
食物繊維は消化をスムーズにして、カラダに不要なものを排出するのに欠かせません。

野菜を毎日たっぷりといただくことが、肥満防止や生活習慣病の予防、心身の健康維持につながっていくのです。

今回は、包丁も不要で、手軽につくれる一品や、
同じ調理法でいろんな野菜で作れるお手軽レシピ、
ちょっとおしゃれに見えるけど、10分以内で作れる楽々レシピもご紹介!
野菜であと一品!と思ったときに、使えてもらえたらうれしいです。

カラダに効く「味噌汁」(笠倉出版社刊)

栄養満点!おかずになる!1品でOK!「カラダに効く味噌汁」(笠倉出版社刊)が出版されました。
「味噌は医者いらず!」とか。
内科医であり、産業医でもある平野井先生に伺った
味噌や味噌汁がカラダになぜいいか・・・というお話しや味噌の種類や保存方法、
そしてだしのとり方まで前段で丁寧に紹介しています。

レシピは効能別にお野菜をたっぷり使う味噌汁がメイン。
○腸をととのえる噌汁
○免疫力をアップする味噌汁
○冷えを改善する味噌汁
○美肌に効く味噌汁などなど
さらに、お手軽味噌汁や便利な味噌玉、
そして中医学・薬膳コーディネイターの新井友加里先生にお願いした薬膳味噌汁まで
あれこれと盛りだくさんのレシピ本になっています。
いつもの味噌汁からバリエーション豊かなおかず味噌汁まで。
毎日の味噌汁生活を!お役に立てたらうれしいです。

「主役にもわき役にもなる 毎日サラダで楽々レシピ(笠倉出版社刊)」

「主役にもわき役にもなる 毎日サラダで楽々レシピ(笠倉出版社刊)」が今日から発売されています。
c0031486_11290626.jpg
野菜をパクパク食べたい季節!
おいしいサラダを作るコツや
栄養価を高める食材の組み合わせ、
気をつけたい、太るサラダについてなどを説明しつつ、
c0031486_11291245.jpg
○糖質オフのサラダ
○おかず系ホットサラダ
○カラダをいたわる豆腐サラダ
○食物繊維たっぷりの腸活サラダ
○便利なつくりおきサラダ
○主役になるサラダ
などをご紹介しています。
そして、今話題の、サラダだけで主食も副食も満たせる「1ボウルサラダ」を特集。
c0031486_11291693.jpg
○雑穀や豆や野菜を盛りつけた丼系のブッダボウルサラダ
○スプーンで食べられるチョップドサラダ
○フルーツとたんぱく質と野菜とナッツを混ぜたパワーサラダ
など、ボリュームがあってもヘルシーで、お手軽なサラダをご紹介しています。
シンプルなグリーンサラダから話題のモリモリサラダまで。
これ1冊で、野菜の食べ方のバリエーションが増えたら嬉しい!です。

血液・脳・肌・心を元気にする「水煮缶で楽々レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

血液・脳・肌・心を元気にする「水煮缶で楽々レシピ」(笠倉出版社刊)が発売されました。

 

今回のレシピ本では、さばの水煮缶をはじめ、
あさりやツナやしゃけ、大豆などの水煮缶を使ったレシピや缶詰の利点をたっぷりとご紹介しています。

 

 

缶詰の利点は、、、
魚や野菜、豆などの水煮缶は、骨や内臓を取り除いたり、下ゆでをしたり、
皮をむいたりといった下ごしらえが不要なので、
クッキングの時間や手間を減らすことができる、エコな食材であること。

 

缶をあけたらそのまま食べられるので、調理に使う場合も、生煮えの心配はありません。
具材の中まで火が通っていなかったり、加熱しすぎたりといった失敗が少ないこと。
缶の中にはそれぞれの素材の栄養がまるごと詰まっていて、とてもヘルシー。
魚の水煮缶などは、骨まで全部食べられるので、不足しがちなカルシウムの補給にも役立つことなどなど。

調理法も、水煮缶の場合は和・洋・中などさまざまな調味料で味付けができ、
料理のバリエーションも広がります。

 

そしてそして、値段が安定しているのもうれしいです。
「水煮缶は食卓の救世主!」

 

水煮缶を使って、もっと気軽にヘルシーな毎日を!

楽LIFEレシピベスト版「人気のもやし、豆腐、きのこのレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

楽LIFEレシピベスト版「人気のもやし、豆腐、きのこのレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽LIFEレシピシリーズの中でも人気食材である、
もやしと豆腐ときのこのレシピを集めたベスト版が発売されました。

 

低カロリーでビタミン豊富なもやし
低カロリーで高たんぱくな豆腐
低カロリーで食物繊維がたっぷりのきのこ類

 

もやしと豆腐ときのこは、1年を通じて手頃な価格で手に入り、
さまざまな料理に活用できる、まさに食卓の3大救世主!

 

3つに共通しているのは、低カロリーでも栄養がしっかりととれること。
ダイエットしながら、おいしく満腹感を得ることができるのもうれしいです。

 

また、いずれも皮をむく必要がないので、捨てる部分や調理の手間が少なくてすむうえ、
火が通りやすいため加熱時間もかからず、省エネにつながります。

 

料理法も、調味料と和えるだけでおいしいシンプルなものから、
さまざまな具材と合わせた食べ応えのあるもの、
そしてご飯や麺類などの代わりに使ってダイエットに役立つものまで、
多種多様なアレンジができ、日々の食事作りをサポートしてくれます。

 

 

お手軽レシピが満載のベスト版!
皆様の毎日のおかず作りに役立てたらうれしい!です。

「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々レシピシリーズの2018年第1弾!
「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」が発売されました。

 

 

健康のためには、必要な栄養素をバランスよくとれる「一汁三菜」が理想的と思われがちですが、
忙しい中、栄養バランスを考えながら一汁三菜を作り続けるのは、とても大変なこと。
無理をすると、食事作りそのものがストレスになってしまう可能性もあります。

本書でご紹介する「ひと皿レシピ」は、
疲れたときに、パパっと作れて、一品だけでも栄養バランスがととのいやすいよう、
いろいろな食材を組み合わせているので、
食事作りに手間をかけすぎず、無理なく健康的な食生活を続けることができます。

一般的に「ひと皿料理」というと、丼物やパスタのように、
炭水化物やたんぱく質、脂質に栄養がかたよりがちなイメージがありますが、
本書の「ひと皿レシピ」では、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をたっぷりと使い、
肉・魚介・豆腐など良質なたんぱく質と組み合わせることで、
見ためにも栄養的にも食べ応え的にも、満足できるようなレシピをそろえています。

 

 

包丁不要や混ぜるだけ、レンジでチンだけ!の超お手軽ひと皿から

 

 

糖質オフのお肉メインや魚介メイン、野菜メインなどなどのひと皿料理まで
作りやすく、後片付けも楽々なひと皿に、
「ヘルシーとおいしい」を盛りつけて、栄養バランスのいい毎日を送るお手伝いができれば、と思います。

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々レシピシリーズで、第2弾の「鶏むね肉本」が発売されました。

 

 

鶏むね肉は良質のたんぱく源でありながら、低脂肪で低カロリー、しかも糖質ゼロ!
アスリートやダイエッターだけでなく、健康を意識する人たちにとっても魅力的な食材です。

それを証明するように、鶏むね肉本は、シリーズの中でも大人気で、

1冊目はすでに5刷り!で、ありがたいです。

ダイエッターにとってうれしい食材であるだけでなく、鶏むね肉は低価格。

牛肉や豚肉はもちろん、鶏もも肉よりも安いので、
安心して買うことができ、毎日の食卓にたっぷり使えるのもうれしいところです。

そんな鶏むね肉ですが、難点は食感がパサパサしがちで、どうしてもおいしくならない・・・と思われがちなところ。

でも、下ごしらえや調理方法に気をつければ、鶏むね肉もしっとりおいしく仕上げることができます。

そこで、今回は、ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」というタイトルで
鶏むね肉を「ジューシーにおいしく仕上げる」ための調理法を中心に

 

 

栄養のお話や使いやすい「しっとりゆでチキン」と「ゆでしゃぶチキン」の作り方とアレンジレシピ、

 

 

チキンソテーや揚げ物、煮ものなど、
鶏むね肉のレシピをたっぷりとご紹介しています。

 

 

お財布にやさしく、カラダにヘルシーな鶏むね肉好きの方に
たっぷりと使っていただけたら、うれしい!です。

「じんわり美味しい鍋レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「じんわり美味しい鍋レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々シリーズでの鍋レシピは3冊目の
「じんわり美味しい鍋レシピ」が発売されました。

 

 

今回の鍋は「じんわり美味しい鍋レシピ」というタイトルで、
メイン食材が2品のお手軽鍋や
野菜がたっぷり食べられる鍋、
糖質オフのヘルシーお肉系鍋、
辛味がうまい魚介系鍋などなど。

 

 

毎日でも飽きない常夜鍋のバリエーションや
土鍋でパンやプリンなど、土鍋使いのあれこれもご紹介しています。

鍋料理のいいところは、なんといっても、
いろいろな具材を入れて煮込めば、それだけで自然においしい一品になる、ということ。

 

煮込むと食物繊維がやわらかくなり、野菜などもかさが減って、たっぷりと食べられます。
また、入れる具材に決まりがないので、家に残っている食材を使い切れて無駄が出ず、経済的です。

 

しかも、同じ食材を使ったとしても、汁の調味料を変えれば味にバリエーションが生まれ、
飽きずにおいしくいただけます。

 

さらに、鍋はカラダが温まり代謝がアップするなど、健康にいい点もいっぱいです。
汁にも具材のビタミンやミネラルが溶け出しているので、まさに栄養の宝庫。
そのうえ熱々なので早食いもしにくく、汁ごといただけば満腹感も得やすいので、ダイエット効果も期待できます。

 

そして鍋は「作りながら食べる」ので、調理が楽々。
後片付けや洗い物の手間も少なくてすみ、ガス代や電気代の節約にもつながります。

 

つまり鍋料理は、ヘルシーで、エコで、経済的で、何よりおいしい!
じんわり美味しい鍋レシピが、
冬の寒さを乗り切るためだけでなく、バランスのいい食生活を続けるのに役立ちますように。

「お酒がすすむ! 楽々夜遅つまみレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「お酒がすすむ! 楽々夜遅つまみレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

 

秋の夜長に・・・「お酒がすすむ! 楽々夜遅つまみレシピ」が発売されました。

 

 

 

おつまみ本ははじめてですが、
夜食べても胃腸に負担がかからないように、
消化によく、安眠作用も高い野菜を中心に、
消化のいいたんぱく質や卵のレシピや
最後のシメにちょっとだけ食べたいプチご飯やプチデザートをご紹介しています。

 

確かに、夜遅く食べるのは、胃腸に負担がかかりやすく、
あまり良い食生活とはいえませんが、
仕事など、いろいろな事情があって夜遅くに帰宅して、
少し何かをつまみながらのんびりしたいとき・・・
そのまま食べずに寝ると、ちょっと気になって寝付けないし、
「食べない」ことで逆に代謝が落ち、
太りやすい体質になってしまう可能性もあります。

 

それに、おつまみでホッとひと息できれば、
一日の疲れが癒されてグッスリと安眠でき、
翌日のエネルギー補給にもつながると思います

仕事など、いろいろな事情があって夜遅くに帰宅して、
ちょっと何かをつまみながらのんびりしたいとき・・・
夜遅く食べるのは良くない!とわかっていても、
そのまま食べずに寝ると、ちょっと気になって寝付けないし、
「食べない」ことで逆に代謝が落ち、
太りやすい体質になってしまう可能性もあります。

 

一日中がんばった自分や、夜遅くに帰ってきた家族の疲れを癒してくれる、
カラダにやさしく、安心して食べられる夜遅つまみが、
秋の夜長のお役に立てますように。

1 / 612345...最後 »

ページが見つかりません