楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

11月のテーマは「+ちりめんじゃこ」

11月のテーマは「+ちりめんじゃこ」

いわしの稚魚を釜ゆでしてから干したちりめんじゃこは
頭から尾まで丸ごと食べられる、栄養豊富な食材。
特にカルシウムが豊富なので、通常の食生活だとしっかり摂りにくいカルシウムを
手軽に摂取することができるすぐれものです。
実はたんぱく質も豊富なので、
ダイエット中や野菜メインの食生活には欠かせないたんぱく源になります。

しかも旨味のしっかりあるので、調理も楽々。
さまざまな野菜と和えることで、栄養価もおいしさも一段とアップ!
「+ちりめんじゃこ」で手軽に栄養バランスの整う食生活を。

トマトじゃこ和え
トマトのじゃこ和え

じゃこピーマン
じゃこピーマン

ほうれん草じゃこ
ほうれん草のじゃこ海苔和え

アスパラご飯
アスパラじゃこご飯

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 野菜で楽々バテないレシピ」  撮影:大垣善昭

10月のテーマは「鶏むね肉と根菜でスローダイエット」

10月のテーマは「鶏むね肉と根菜でスローダイエット」

肉類の中でも値段がお手頃な鶏むね肉は、
もも肉よりも低カロリーかつヘルシーで、ダイエット向き。
良質なたんぱく質がたっぷりふくまれているので、
筋肉をつけ、代謝のいいカラダを作るのにぴったりの食材です。

そして、最近注目されているのが鶏むね肉に含まれる抗疲労成分の「イミダペプチド(イミダゾールペプチド)」。
疲労をたまりにくくしたり、疲労回復をサポートする効果が期待できます。

難点は食感がぱさつきがちなことですが、
下準備で、皮面をフォークで数カ所突き刺したり、
肉面の筋繊維を包丁の先で細かく切ってから、
下味をしみ込ませたりすることで、パサパサ感をなくしてやわらかく仕上げることができます。

初秋こそ、疲れがどっと出始める季節。
鶏むね肉+根菜などで、
カラダにヘルシーな、おいしいスローダイエットを!

しょうが炊き込み
鶏むね肉としょうがの炊き込みご飯

タッカルビ
鶏むね肉と根菜のタッカルビ風

とろとろ鍋
鶏肉と長いものトロトロ鍋

大根ハーブ
鶏むね肉と大根のハーブ焼き

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 楽々鶏むね肉レシピ」  撮影:大垣善昭

9月のテーマは「夏バテ回復」

9月のテーマは「夏バテ回復」

夏の疲れが出はじめる9月。
溜まった疲れを本格的なトラブルにつなげないように
食生活でも少し気をつけたい時期です。

疲れで溜まった活性酸素を排出する抗酸化作用の高いカロテン豊富なにんじんやほうれん草、
疲労回復をすすめるアミノ酸の一種、アスパラギン酸をふくむアスパラガス、
代謝を高め疲労を回復させるビタミンB群が豊富ないわしや
体力の基本となる良質のたんぱく源、豆腐や納豆など、
9月は、夏の疲れを残さない食材をたっぷり使って、おいしくスローダイエットを。

にんじん
にんじんのかみなり豆腐

いわし
いわしとアスパラのグリル

キャベツ
キャベツの納豆焼き

ほうれんそう
ほうれん草の明太白和え

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 野菜で楽々バテないレシピ」  撮影:大垣善昭

「楽々鶏むね肉レシピ」発売中

FullSizeRender

「楽々鶏むね肉レシピ」

FullSizeRender-1  FullSizeRender-2 FullSizeRender-3
笠倉出版社から「楽々鶏むね肉レシピ」本が出版されました。

お手頃価格でヘルシーな鶏むね肉には、
抗疲労成分の「イミダペプチド」が豊富に含まれているので、
疲れを溜まりにくくする効果があるそうです。

ただ、鶏むね肉の難点は、
難点は筋が多く「ぱさつき」感があること。
でも、下ごしらえや調理のちょっとした一工夫で
「もっちり」とおいしく鶏むね肉をいただくことができます。
そんな一工夫と多彩なレシピを紹介しています。

漬けて焼くだけの楽々レシピから
野菜たっぷりと組み合わせたヘルシーレシピ、
これからの季節にぴったりの煮込み系や
蒸し鶏を使ったサラダレシピやご飯や麺など。

お財布にやさしい鶏むね肉がおいしくヘルシーな食生活のお役に立てれば、と思います。

「キャベツで楽々レシピ」発売中

11825176_884002861680543_6079082363489053357_n

「キャベツで楽々レシピ」

11822686_884002871680542_3290598264435865426_n 11813463_884002895013873_695265425719443012_n 11822545_884002898347206_763881473191119841_n
笠倉出版社から「キャベツで楽々レシピ」本が出版されました。

今回は、夏らしく白ベースの表紙で、ちょっと爽やかな感じに仕上がりました。

和・洋・中・エスニックと、さまざまな料理に合うのはもちろん、
お肉や魚介など、いろいろな食材との組み合わせも楽しるのがキャベツ。

低カロリーでありながら、栄養は豊富。
特に「キャベジン」の名で知られるビタミンUは、
胃腸の粘膜を修復して、潰瘍からの治癒力を高めるといわれています。
他にも美肌効果や高い疲労回復力を持つビタミンCやカロテン、
イライラを軽減したり骨の成長を促すカルシウム、
腸内環境をととのえる食物繊維などもたっぷりふくんでいます。

今回は、サラダや煮物、炒め物をはじめ、キャベツでカサ増しした揚げ物、
お野菜マフィンなどなど、キャベツをたっぷり使ったレシピをご紹介しています。

身近すぎて、調理法がワンパターンになってしまいがちかもしれませんが、
本書のレシピをあれこれ試して、
新しいキャベツの魅力を味わってもらえたらうれしいです。

8月のテーマは「トマトで疲労回復」

8月のテーマは「トマトで疲労回復」

暑い日が続き、怠かったり、疲れが溜まったりしやすい8月。
そんなときに頼りになるのがトマト。

トマトに含まれるクエン酸が疲れでたまった老廃物を排出し、
エネルギーを作り出し、いち早く疲労回復をサポートしてくれます。

また、疲れでたまった活性酸素を排出する効果のあるリコピンやカロテンも豊富で、
細胞を守り、カラダが元気を取り戻す手助けをします。

暑さに負けない!
夏バテしらずのトマトを使ったご飯やパン、サラダなどをご紹介します。

炊き込み
トマトまるごと炊き込みご飯

パン
トマトパン

ミネスト
トマトと豆のミネストローネ

大根ミルフィーユ
トマトと大根のミルフィーユサラダ

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 楽々トマトレシピ」  撮影:大垣善昭

「野菜で楽々バテないレシピ」発売中

FullSizeRender

「野菜で楽々バテないレシピ」

あす FullSizeRender-1
笠倉出版社から「野菜で楽々バテないレシピ」本が出版されました。

疲れに負けず、疲労回復力が高い!と言われている
ビタミンACE系やヌルヌル・ネバネバ系の野菜を中心に
疲労を抑えると注目されている鶏むね肉や
代謝を高めるビタミンB1を含む豚肉などを組み合わせた
レシピをご紹介しています。

ムシムシ!の梅雨時から暑々!の夏に向けて
バテにくい元気なカラダ作りのお役に立てたら!と思います。

7月のテーマは「初夏のトマト」

7月のテーマは「初夏のトマト」

真っ赤なトマトは、夏の陽射しにとても合う!野菜です。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれ、
色鮮やかでキュートな姿が食卓を楽しく彩ってくれます。

栄養面では、抗酸化力の高いリコピンをはじめ、
脂肪を燃やすリノール酸、美肌効果の高いビタミンC、
むくみ改善に役立つカリウムなどをたっぷり含み、
私たちの美容と健康をサポートしてくれるヘルシーな野菜の代表格でもあります。

7月はトマトを味噌や納豆、豆乳などと組み合わせた
スローダイエット的トマトレシピをご紹介します。

味噌汁
まるごとトマトの味噌汁

ポタージュ
トマトのポタージュ

茶漬け
トマト茶漬け

そうめん
納豆トマトそうめん

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 楽々トマトレシピ」  撮影:大垣善昭

「楽々怪味ソースレシピ」発売中

c0031486_18342799

「楽々怪味ソースレシピ」

笠倉出版社から怪味ソースを使った楽々レシピ本が出版されました。

「塩麹」、「塩レモン」の次に来る!と一時注目されていたのが「怪味ソース」。
辛味、酸味、甘味、塩味、そして「しびれる」感が混ざり合った、万能調味料です。

一般的には唐揚げやゆで豚などのソースとして使われることが多いのですが、
料理に「かける」以外に、漬け焼きのタレや炒め物の調味料、揚げ物の生地の味付けなどにも使えます。

しかも、ソース自体にねぎのみじん切りなども入っているので、
このソースさえあれば、コクのある味の炒め物や煮物、焼き物などが、パパッと手軽に作れます。

それに、冷蔵庫で2週間くらい保存できるので、めちゃくちゃ便利です。

また、代謝を高める辛味成分を含んでいるので、ダイエット効果も期待できそうです。

このレシピ本では、ソースの作り方はもちろん、
かける、和える、漬ける、炒める、煮込む、ぬる、混ぜるなどの使い方をご紹介。
さらに+マヨネーズやケチャップ、ピーナッツペーストの怪味アレンジソースや、
和風、イタリアン、エスニックなど、怪味バリエーションもご紹介しています。

夏バテや疲労で食欲のないときにも、ピリッと刺激のある風味で元気になれる!
そんな怪味食生活を楽しんでもらえれば・・・と思います。

6月は夏の「なす」

6月のテーマは、夏の「なす」

生でも、焼いても、蒸しても、炒めてもおいしい「なす」。

和・洋・中・エスニックで
それぞれの調味で個性豊かな一皿になるなすですが、
実は、紫(アントシアニン)に抗酸化作用があるので、
紫外線の季節に、たっぷり食べたい野菜でもあります。

しかも、利尿作用を高めるカリウムが豊富なので、
むくみの改善にも役立ちます。

そして、90%以上が水分なので、低カロリーでありながら、
食物繊維がたっぷりなので、腸の環境を整えてくれます。

基本的には皮をむかずに調理するから
生ゴミも少なく、クッキング時間が短縮できるので、
梅雨から夏の調理にもぴったり!
6月はなすで快適なスローダイエットを〜〜

あじみぞれ煮
なすとあじのみぞれ煮

すり流し
なすのすり流し

タイ風サラダ
なすともやしのタイ風サラダ

なすと根菜のドライカレー
なすと根菜のドライカレー

協力:笠倉出版社「楽LIFEシリーズ 楽々なすレシピ」  撮影:大垣善昭

ページが見つかりません