楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

1月のテーマは「スローダイエット的一人鍋」

1月のテーマは「スローダイエット的一人鍋」

 

鍋というと、友達や家族と囲んで、、、というイメージが強いかもしれませんが、
実は、スローダイエット的には一人鍋もオススメ。

 

普通の鍋だと、どれくらい食べたか分からなくなって、
実は、普段よりも多めに食べてしまうことがありがちです。

 

でも、一人鍋なら、予め自分の適量の具を用意して、食べきることができます。
しかも、鍋ならではのメリットもいっぱい。
たっぷりと野菜をいただけるし、
調理も具材を切って用意すれば、煮込むだけなので、お手軽。
お気に入りの鍋なら、そのまま食卓に出せるから、後片付けなども簡単です。

 

ゆっくり味わいながらいただいて、もしも残りそうになったら
無理して食べきろうとしないで、翌日に味つけを変えたりしてアレンジを。

 

工夫しながら一人鍋を楽しめたら、と思います。

 


もずく鍋

 

%e7%b4%8d%e8%b1%86
納豆鍋

 

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e8%b1%86%e8%85%90
トマト豆腐鍋

 

%e3%81%84%e3%82%82%e5%91%b3%e5%99%8c
いも味噌バター鍋

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々鍋レシピ」  撮影:大垣善昭

「カラダにうれしい楽々スープレシピ」発売中

fullsizerender

「カラダにうれしい楽々スープレシピ」

fullsizerender-1

fullsizerender-2
いちばん簡単でやさしい栄養のとり方!
「カラダにうれしい楽々スープレシピ」が笠倉出版社から出版されました。

スープのレシピ本、第2弾です。
今回は、便秘を改善する、ストレスを軽減する、血液をサラサラにする・・・
など、心身のトラブルに効く、野菜たっぷりのスープをご紹介しています。

スープは煮込むことで、野菜の量を多く摂ることができ、
汁に出た栄養もしっかりいただくことができます。
しかも、材料を切って煮込めば、多少時間がかかっても、手間はほとんどかかりません。
揚げたり炒めたりしないので、油もほとんど使わず、とてもヘルシーな調理法です。

スープのある食卓が、心身の疲れを癒し、健やかな毎日のお役に立てますように。

11月のテーマは「+肉のスローダイエット」

11月のテーマは「+肉のスローダイエット」

 

ダイエットというと、野菜中心で肉を避ける傾向にあると思います。

 

けれども肉を避けすぎると、たんぱく質の摂取量が少なくなり、
一時的に体重は落ちるかもしれませんが、基礎代謝が下がり、
やせにくいカラダになってしまうことがあります。

 

基礎代謝とは何もせず横になっている状態でも
生命活動を維持するために生必要なエネルギーのこと。
基礎代謝は筋肉量と関わりが深く、
筋肉量が落ちると、基礎代謝が下がり、
食事から摂取されたエネルギーや脂肪として蓄えられているエネルギーが
燃えにくくなり、肥満などにつながってしまう、と考えられます。

 

「やせる」ではなく、「太りすぎない」ためにも、
良質のタンパク質を摂り、筋肉をつけることは大切です。
 
大豆や豆腐はもちろん、+適量の肉もあまり制限しすぎない・・・
11月は心身を温める汁や煮込み、鍋をご紹介します。

 

%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%bb%e3%82%99%e3%81%86%e8%b1%9a%e6%b1%81
ごぼう豚汁

 

%e8%b1%86%e4%b9%b3%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e9%8d%8b
豆乳カレー鍋

 

%e6%9f%b3%e5%b7%9d%e9%a2%a8
牛肉の柳川鍋風煮込み

 

%e3%83%81%e3%82%b1%e3%82%99
味噌チゲ煮込み

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「おトクなお肉で楽々レシピ」 「楽々ひと鍋レシピ」  撮影:大垣善昭

「カラダに優しい楽々フライパンレシピ」発売中

fullsizerender-4

「カラダに優しい楽々フライパンレシピ」

fullsizerender-3
フライパンだけで作るレシピ本の第3弾!
「カラダに優しい楽々フライパンレシピ」が笠倉出版社から出版されました。

フライパンで作るご飯、麺類、そしてオーブン料理などをご紹介。
おでんや煮物などの和食もフライパンで作ると楽々。
調理時間が少なくなるので、時短、省エネ、エコにもつながります。

お気に入りのフライパンであれば、そのまま食卓に出せるので、
後片付けも楽々!

第3弾では、フライパンで作る和食レシピや季節のお料理も充実しています。

フライパンだけで作る・・・その手軽さで、
クッキングを楽しむ機会が増えるお手伝いができれば、と思います。

10月のテーマは「豆腐ときのこで腸を元気に!」

10月のテーマは「豆腐ときのこで腸を元気に!」

腸の疲れは、体調をくずすだけでなく、美肌への悪影響を引きおこすのはもちろん、
脳にも影響を与えて、不安やイライラの原因にもなるといわれています。

腸内環境をととのえることは、便秘しらずのスムーズな排便につながり、
栄養を効率よく吸収することにもつながっていきます。

腸の元気は、まさに心身の元気の素。

10月は、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖を含む豆腐と食物繊維たっぷりのきのこを組み合わせて、
季節の変わり目に特に疲れやすい腸内環境を整えるレシピをご紹介します。

%e9%ba%bb%e5%a9%86%e3%81%8d%e3%81%ae%e3%81%93
麻婆きのこ

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%b3
きのこのトロトロサンラータン

%e8%b1%86%e8%85%90%e8%8c%b6%e7%a2%97%e8%92%b8%e3%81%97
きのこの豆腐茶碗蒸し

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ab%e3%83%bc
きのこと豆腐のチャンプルー

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々きのこレシピ」 「もっと楽々きのこレシピ」  撮影:大垣善昭

「カラダとココロを元気にする楽々野菜レシピ」発売中

fullsizerender

「カラダとココロを元気にする楽々野菜レシピ」

fullsizerender-1
簡単、ローカロ、ヘルシーな野菜レシピを中心にした
「カラダとココロを元気にする楽々野菜レシピ」が笠倉出版社から出版されました。

本書では、
元気の素となるたんぱく質や炭水化物の吸収を高め、
心身の回復力を早めるのに役立つ!ビタミンやミネラルをふくむ野菜たちを
手軽に作れるレシピと共にご紹介しています。

しっかり噛むことで脳も元気にするごぼうや
実は筋力アップにも役立つブロッコリー、
イライラを改善するカルシウムたっぷりの小松菜などなど・・・

みなさまの元気づくりのお役に立てればうれしい!です。

9月のテーマは「青魚で夏バテ解消」

9月のテーマは「青魚で夏バテ解消」

夏の疲れが夏バテとして症状に出やすいのが9月。
「疲れやすい」「食欲がない」「眠れない」
など、不調を感じることがあると思います。

夏の疲れをそのままにすると、秋から冬にかけて大きなトラブルを起こす原因にもなってしまいます。
そこで、9月は、夏バテを解消し、ダイエット効果がありながらも、
元気をつくるのに役立つ青魚を使ったレシピをご紹介します。

青魚の良質なたんぱく質は、夏に発汗や疲労で失いがちなたんぱく質を補い、
不飽和脂肪酸のDHAやEPAが血流をよくして、カラダを内側から温め代謝をスムーズにします。

そんな青魚をカロテン豊富な野菜と一緒にいただくことで、
溜まった疲れを回復する力が高まり、
スムーズな代謝で健康的なダイエットにつながります。

9月は、青魚でパワーアップしながらスローダイエットを。

aji
あじとパプリカのカレー炒め煮

カリカリ
いわしとパプリカのカリカリサラダ

いわしの南蛮漬け
いわしの南蛮漬け

あじ冷や汁
あじの冷や汁ご飯

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々スローダイエットレシピ」 「元気を作る楽々野菜レシピ」  撮影:大垣善昭

8月のテーマは「スローダイエット的おくら」

8月のテーマは「スローダイエット的おくら」

おくらといえば、あのネバネバ成分。
夏バテ防止にも役立つ栄養がたっぷりと含まれている、代表的な夏野菜です。

糖とたんぱく質が結合してできた多糖類のヌルヌル成分は、胃をはじめ体内の粘膜を保護することで、
さまざまな病気の予防に役立ちます。
そして、もうひとつのネバネバ成分である水溶性食物繊維のペクチンが腸内の働きや、血糖値やコレステロール値のバランスを整え、元気なカラダの基本を作ります。

その他にもβカロテンも豊富なので、抗酸化作用も高く、疲れで溜まった活性酸素を除去します。

断面が星型になり、見た目にも華やかになるので、そうめんなどのトッピングにしても楽しいです。

ヌルヌル成分とカロテンたっぷりのおくらをスローダイエットの食材と組み合わせて、
8月に、夏の疲れを溜めない食生活ができれば、と思います。

おくらと豆腐
おくらトロトロ混ぜ豆腐

大和芋とおくら
大和いもとおくらのサブジ

切り昆布とおくら
切り昆布とおくらのパスタ

じゃがいもとおくら
じゃがいもとおくらのトマト煮

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々夜遅ご飯」 「楽々元気を作る野菜レシピ」 「おいもで楽々レシピ」 撮影:大垣善昭

7月は「スローダイエット的トマト」

7月のテーマは「スローダイエット的トマト」

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、トマトには
抗酸化力の高いリコピンをはじめ、
脂肪を燃やすリノール酸、美肌効果の高いビタミンC、
むくみ改善に役立つカリウムなどをたっぷり含み、
私たちの美容と健康をサポートしてくれます。

生はもちろん、炒めても煮込んでもおいしい万能野菜であるトマトの旬は7月。
たっぷりの太陽を浴びて、元気なエネルギーを凝縮しているので、
うま味も栄養も豊富です。

ダイエット効果も高く、最近では「夜トマトダイエット」が注目されたりもしています。

実際、2012年に京大グループの研究で「トマトを食べると、肝臓の脂肪を燃焼させ、中性脂肪を下げる効果がある」と発表されましたし、
トマトの新成分「13-oxo-ODA」は、血中の中性脂肪などを下げ、脂肪燃焼を促進する直腸温度を上げるという研究結果も出ています。

また、豊富なビタミンCが美肌にも作用して、紫外線対策にもつながります。

そんなトマトをスローダイエットのオススメ食材と組み合わせて、
7月は、より美しく、おいしく、ヘルシーなダイエットを。

味噌汁
プチトマトの豆乳味噌汁

 

サンラータン
トマトのサンラータン

 

サラダ
トマトと大根のミルフィーユ

 

パン
全粒粉トマトパン

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々トマトレシピ」   撮影:大垣善昭

野菜がしっかりとれる「夜遅ごはん楽々レシピ」発売中

FullSizeRender

野菜がしっかりとれる「夜遅ごはん楽々レシピ」

FullSizeRender-9  FullSizeRender-8  FullSizeRender-4
疲れて帰ってきた日も大丈夫!
とにかく簡単、低カロリー!な
野菜がしっかりとれる「夜遅ごはん楽々レシピ」が笠倉出版社から出版されました。

罪悪感なしの「お腹いっぱいになる豆腐」
簡単でもうまみたっぷりの「きのこ類」
疲労と美容に効くビタミン豊富な「もやし」
を中心に、野菜を組み合わせ、手軽につくれて、お腹にもたれない、低カロリーのレシピを紹介しています。

忙しいみなさまや、ダイエットが気になる方のお役にたてたらうれしい!です。

ページが見つかりません