楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

血液・脳・肌・心を元気にする「水煮缶で楽々レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

血液・脳・肌・心を元気にする「水煮缶で楽々レシピ」(笠倉出版社刊)が発売されました。

 

今回のレシピ本では、さばの水煮缶をはじめ、
あさりやツナやしゃけ、大豆などの水煮缶を使ったレシピや缶詰の利点をたっぷりとご紹介しています。

 

 

缶詰の利点は、、、
魚や野菜、豆などの水煮缶は、骨や内臓を取り除いたり、下ゆでをしたり、
皮をむいたりといった下ごしらえが不要なので、
クッキングの時間や手間を減らすことができる、エコな食材であること。

 

缶をあけたらそのまま食べられるので、調理に使う場合も、生煮えの心配はありません。
具材の中まで火が通っていなかったり、加熱しすぎたりといった失敗が少ないこと。
缶の中にはそれぞれの素材の栄養がまるごと詰まっていて、とてもヘルシー。
魚の水煮缶などは、骨まで全部食べられるので、不足しがちなカルシウムの補給にも役立つことなどなど。

調理法も、水煮缶の場合は和・洋・中などさまざまな調味料で味付けができ、
料理のバリエーションも広がります。

 

そしてそして、値段が安定しているのもうれしいです。
「水煮缶は食卓の救世主!」

 

水煮缶を使って、もっと気軽にヘルシーな毎日を!

楽LIFEレシピベスト版「人気のもやし、豆腐、きのこのレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

楽LIFEレシピベスト版「人気のもやし、豆腐、きのこのレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽LIFEレシピシリーズの中でも人気食材である、
もやしと豆腐ときのこのレシピを集めたベスト版が発売されました。

 

低カロリーでビタミン豊富なもやし
低カロリーで高たんぱくな豆腐
低カロリーで食物繊維がたっぷりのきのこ類

 

もやしと豆腐ときのこは、1年を通じて手頃な価格で手に入り、
さまざまな料理に活用できる、まさに食卓の3大救世主!

 

3つに共通しているのは、低カロリーでも栄養がしっかりととれること。
ダイエットしながら、おいしく満腹感を得ることができるのもうれしいです。

 

また、いずれも皮をむく必要がないので、捨てる部分や調理の手間が少なくてすむうえ、
火が通りやすいため加熱時間もかからず、省エネにつながります。

 

料理法も、調味料と和えるだけでおいしいシンプルなものから、
さまざまな具材と合わせた食べ応えのあるもの、
そしてご飯や麺類などの代わりに使ってダイエットに役立つものまで、
多種多様なアレンジができ、日々の食事作りをサポートしてくれます。

 

 

お手軽レシピが満載のベスト版!
皆様の毎日のおかず作りに役立てたらうれしい!です。

3月のテーマは、「鶏むね肉とスローダイエット」

3月のテーマは、「鶏むね肉とスローダイエット」

 

健康志向の人を中心に、鶏むね肉の人気が高まっています。

 

というのも、鶏むね肉は良質のたんぱく源でありながら、低脂肪で低カロリー、しかも糖質ゼロ!
アスリートやダイエッターだけでなく、健康を意識する人たちにとっても魅力的な食材です。

 

さらに最近注目されているのが、鶏むね肉には疲労回復作用のあるイミダペプチドと、
快眠につながるトリプトファンという成分が豊富にふくまれていること。
忙しい現代人の心身の疲れを癒やすうえでも、欠かせない食材といえます。

 

そんな鶏むね肉ですが、難点は食感がパサパサしがちで、どうしてもおいしくならない・・・
と思われがちなところ。
でも、下ごしらえや調理方法に気をつければ、
鶏むね肉もしっとりおいしく仕上げることができます。

 

基本の下処理は、皮面をフォークで数カ所突き刺し、
肉面の筋繊維を包丁の先で細かく切ること。

 

そして、やわらかく仕上げるには、
ポリ袋などに水、塩、砂糖を入れて混ぜ、塩と砂糖が溶けたら下処理した鶏むね肉を入れ、軽くもみ込んで10分くらいおいたり、酒と塩をもみ込んだり、ヨーグルトにつけたりして、
加熱することで抜けてしまう水分を補うようにします。

 

また、切るときには、筋繊維を断ち切るようにそぎ切りにすることで、筋っぽさやパサパサ感が減ります。

 

さらに、加熱前に、片栗粉や薄力粉をまぶすと、鶏むね肉の水分やうま味を閉じ込めるので、パサパサ感が減ってやわらかく仕上がります。

 

ちょっとした下処理で、ぐんとおいしく作れる鶏むね肉料理。
スローダイエットでも、しっかりと使ってきたいと思います。

 


鶏むね肉のチゲ汁

 


鶏むね肉と長いものハーブ蒸し焼き

 


タッカルビ風

 


鶏肉と長いものトロトロ鍋

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「ジューシーで絶対おいしい鶏むね肉の食べ方」、 「楽々鶏むね肉レシピ」撮影:大垣善昭

2月のテーマは、「根菜でつくりおき」

2月のテーマは、「根菜でつくりおき」

 

土の中で育つ野菜が根菜。
冬に旬を迎えるものが多いのが特徴です。

 

そこで2月のテーマ食材はカラダを温める「根菜」。

 

根菜がカラダを温めるのは、水分が少なく、血行を促すビタミンEや、
体温維持に欠かせない筋肉を作るミネラルなどが多いから。
しっかり噛んで食べるのも、カラダを温める作用があると思います。

 

食べ応えもあるので、スローダイエットにも向いている食材ですが、
根菜は、皮を向いたり、加熱したりするので、
葉物野菜よりも少し調理に手間がかかると思われがちです。
なので、時間のあるときにつくりおきをするのがオススメ。
根菜のつくりおきがあれば、手軽に食物繊維が豊富な惣菜を食卓にプラスできます。

 

ただ、糖質が高めなので、食べ過ぎには注意が必要。
あくまでも適量をいただいて、冬のスローダイエットを!

 


根菜筑前煮

 


たたきごぼうの味噌煮

 


にんじんの味噌きんぴら

 


にんじんのジンジャー味噌漬け

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々つくりおきおかずレシピ」、 「楽々カラダ温めレシピ」、 「野菜で楽々冷えとりレシピ」
撮影:大垣善昭

「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々レシピシリーズの2018年第1弾!
「疲れたときのレスキューご飯 1品でOK!ひと皿おかずレシピ」が発売されました。

 

 

健康のためには、必要な栄養素をバランスよくとれる「一汁三菜」が理想的と思われがちですが、
忙しい中、栄養バランスを考えながら一汁三菜を作り続けるのは、とても大変なこと。
無理をすると、食事作りそのものがストレスになってしまう可能性もあります。

本書でご紹介する「ひと皿レシピ」は、
疲れたときに、パパっと作れて、一品だけでも栄養バランスがととのいやすいよう、
いろいろな食材を組み合わせているので、
食事作りに手間をかけすぎず、無理なく健康的な食生活を続けることができます。

一般的に「ひと皿料理」というと、丼物やパスタのように、
炭水化物やたんぱく質、脂質に栄養がかたよりがちなイメージがありますが、
本書の「ひと皿レシピ」では、ビタミンやミネラルが豊富な野菜をたっぷりと使い、
肉・魚介・豆腐など良質なたんぱく質と組み合わせることで、
見ためにも栄養的にも食べ応え的にも、満足できるようなレシピをそろえています。

 

 

包丁不要や混ぜるだけ、レンジでチンだけ!の超お手軽ひと皿から

 

 

糖質オフのお肉メインや魚介メイン、野菜メインなどなどのひと皿料理まで
作りやすく、後片付けも楽々なひと皿に、
「ヘルシーとおいしい」を盛りつけて、栄養バランスのいい毎日を送るお手伝いができれば、と思います。

1月のテーマは、「消化をサポートする大根」

1月のテーマは、「消化をサポートする大根」

 

年末年始は、普段とは少し異なる食生活になるので、
暴飲暴食気味で、内臓に負担をかけている人も多いと思います。

 

そこで1月は消化をサポートする大根を使ったレシピを集めてみました。

 

大根は、「古事記」にも登場し、
「すずしろ」として春の七草のひとつにも数えられるくらい
私たちの生活では、古くからなじみの深い野菜のひとつです。

 

さまざまな効能がありますが、中でも一番の大きな働きは消化促進作用。
デンプンを分解する酵素のジアスターゼをはじめとして、
消化を促進し胃もたれを防ぐ酵素や、解毒作用や免疫力を高める酵素など、
さまざまな消化酵素をたっぷりと含んでいます。

 

お疲れ気味の内臓をいたわるレシピで、まずは胃腸を整えて、
今年もおいしくスローダイエットを。


大根とかにのスープ

 


あんかけ大根

 


焼き大根

 


大根の塩きんぴら

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「食べてやせる、糖質オフのつくりおきおかず」、 「お酒がすすむ! 楽々夜遅つまみレシピ」、「疲れをとる楽々野菜レシピ」
撮影:大垣善昭

12月のテーマは、「乾物とスローダイエット」

12月のテーマは、「乾物とスローダイエット」

 

何かと忙しい12月。
外食が増えたり、予定が変更になったりで、
食材を使い切れずに無駄にしたり、
調理しようと思っても食材が足りない、ということがあります。

 

そんなときに常備しておくと便利なのが乾物。
保存がきくので、買い置きしておけば、
あと一品追加したいときや、栄養バランスを高めたいときに使えます。

 

しかも、乾物は、太陽にあてて乾燥させることにより、水分が減るだけでなく、
化学変化が起き、栄養価が高まると考えられてます。

 

また、食物繊維もたっぷりで、しっかり噛む食材が多いので、
食べ過ぎ予防にも役立ちます。

 

かんぴょうや切り干し大根、高野豆腐は煮もので、
きくらげは中華炒めに・・・
という定番レシピ以外にも、どんどん使って、
乾物でおいしくスローダイエットを。


かんぴょうとかいわれ大根のサラダ

 


切り干し大根とトマトのレモンスープ

 


高野豆腐の五目スープ

 


きくらげと豆腐の中華スープ

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々スローダイエットレシピ」、 「カラダにうれしい楽々スープレシピ」
撮影:大垣善昭

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々レシピシリーズで、第2弾の「鶏むね肉本」が発売されました。

 

 

鶏むね肉は良質のたんぱく源でありながら、低脂肪で低カロリー、しかも糖質ゼロ!
アスリートやダイエッターだけでなく、健康を意識する人たちにとっても魅力的な食材です。

それを証明するように、鶏むね肉本は、シリーズの中でも大人気で、

1冊目はすでに5刷り!で、ありがたいです。

ダイエッターにとってうれしい食材であるだけでなく、鶏むね肉は低価格。

牛肉や豚肉はもちろん、鶏もも肉よりも安いので、
安心して買うことができ、毎日の食卓にたっぷり使えるのもうれしいところです。

そんな鶏むね肉ですが、難点は食感がパサパサしがちで、どうしてもおいしくならない・・・と思われがちなところ。

でも、下ごしらえや調理方法に気をつければ、鶏むね肉もしっとりおいしく仕上げることができます。

そこで、今回は、ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」というタイトルで
鶏むね肉を「ジューシーにおいしく仕上げる」ための調理法を中心に

 

 

栄養のお話や使いやすい「しっとりゆでチキン」と「ゆでしゃぶチキン」の作り方とアレンジレシピ、

 

 

チキンソテーや揚げ物、煮ものなど、
鶏むね肉のレシピをたっぷりとご紹介しています。

 

 

お財布にやさしく、カラダにヘルシーな鶏むね肉好きの方に
たっぷりと使っていただけたら、うれしい!です。

11月のテーマは、「青魚とスローダイエット」

11月のテーマは、「青魚とスローダイエット」

 

血液サラサラ作用が期待できる良質の不飽和脂肪酸である
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含む青魚。

 

特に秋から冬は寒さから身を守ろうとして、エネルギーの放出を少なくし、
脂肪分を蓄えているので、味も栄養も、まさに旬。

 

DHAは、脳の機能を向上させ、EPAは、血栓を防ぐ作用があるといわれていますが、
さらにヒスチジンという物質が脳に作用して食欲を抑制し、
食べ過ぎを防ぐヒスタミンに変り、食べ過ぎを防いでくれる作用もあります。

 

また、新陳代謝を高めるビタミンB群や
肝臓に働きかけて、体内の余分なものを排出するデトックス作用のあるタウリンも豊富です。

 

青魚の不飽和脂肪酸をおいしくいただいて、
秋から冬にむけて、食べ過ぎずにヘルシーな毎日を。

 

さばのしょうが味噌焼き

 


さんまとまいたけのピリ辛煮

 


いわしとかぶのハーブソテー

 


あじと玉ねぎの南蛮漬け

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々カラダ温めレシピ」、 「糖質オフのつくりおきレシピ」
撮影:大垣善昭

「じんわり美味しい鍋レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「じんわり美味しい鍋レシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々シリーズでの鍋レシピは3冊目の
「じんわり美味しい鍋レシピ」が発売されました。

 

 

今回の鍋は「じんわり美味しい鍋レシピ」というタイトルで、
メイン食材が2品のお手軽鍋や
野菜がたっぷり食べられる鍋、
糖質オフのヘルシーお肉系鍋、
辛味がうまい魚介系鍋などなど。

 

 

毎日でも飽きない常夜鍋のバリエーションや
土鍋でパンやプリンなど、土鍋使いのあれこれもご紹介しています。

鍋料理のいいところは、なんといっても、
いろいろな具材を入れて煮込めば、それだけで自然においしい一品になる、ということ。

 

煮込むと食物繊維がやわらかくなり、野菜などもかさが減って、たっぷりと食べられます。
また、入れる具材に決まりがないので、家に残っている食材を使い切れて無駄が出ず、経済的です。

 

しかも、同じ食材を使ったとしても、汁の調味料を変えれば味にバリエーションが生まれ、
飽きずにおいしくいただけます。

 

さらに、鍋はカラダが温まり代謝がアップするなど、健康にいい点もいっぱいです。
汁にも具材のビタミンやミネラルが溶け出しているので、まさに栄養の宝庫。
そのうえ熱々なので早食いもしにくく、汁ごといただけば満腹感も得やすいので、ダイエット効果も期待できます。

 

そして鍋は「作りながら食べる」ので、調理が楽々。
後片付けや洗い物の手間も少なくてすみ、ガス代や電気代の節約にもつながります。

 

つまり鍋料理は、ヘルシーで、エコで、経済的で、何よりおいしい!
じんわり美味しい鍋レシピが、
冬の寒さを乗り切るためだけでなく、バランスのいい食生活を続けるのに役立ちますように。

3 / 1612345...10...最後 »

ページが見つかりません