楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

12月のテーマは「糖質オフのつくりおき」

12月のテーマは「糖質オフのつくりおき」

 

ダイエットや食事改善に取り組む際に、カロリーダウンよりも「糖質オフ」を意識する人が増えています。

 

「糖質オフ」とは、カラダのエネルギー源となる3大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質」のうち、
「糖質」の摂取量を制限する食生活のこと。
糖質をひかえることにより、血糖値やインスリン分泌の働きがコントロールでき、
肥満や糖尿病の予防につながります。

 

ただ、「ご飯やパンなどの主食をまったく食べない」といった極端な糖質制限は、
逆に健康を阻害することにもなりかねません。

 

大切なのは「糖質をとりすぎないこと」です。
といっても日々の食生活で、常に糖質をひかえたメニューを作り続けるのも大変なもの。
そこでオススメなのが、休日など時間のあるときに、糖質オフの惣菜をつくりおきしておくことです。

 

時間に余裕があるときなら、調理の際、糖質の少ない食材や調味料を意識して選べるので、
毎日の糖質摂取量をコントロールしやすくなります。

 

食材も、あらかじめメニューを決めたうえで、セールのときにまとめ買いすれば経済的ですし、
つくりおきのおかずが複数あれば、品数が増えて食卓がにぎわい、食事の満足度も高まります。

 

つくりおきで、無理なく、おいしく、糖質オフのヘルシーな毎日を!

 


あじのナゲット

 


砂肝のしょうが煮

 


油揚げの塩煮

 


大根のしょうが焼き

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ「食べてやせる糖質オフのつくりおきおかず」
撮影:大垣善昭

12月のテーマは「糖質オフのつくりおき」

12月のテーマは「糖質オフのつくりおき」

 

ダイエットや食事改善に取り組む際に、カロリーダウンよりも「糖質オフ」を意識する人が増えています。

 

「糖質オフ」とは、カラダのエネルギー源となる3大栄養素「たんぱく質・脂質・糖質」のうち、
「糖質」の摂取量を制限する食生活のこと。
糖質をひかえることにより、血糖値やインスリン分泌の働きがコントロールでき、
肥満や糖尿病の予防につながります。

 

ただ、「ご飯やパンなどの主食をまったく食べない」といった極端な糖質制限は、
逆に健康を阻害することにもなりかねません。

 

大切なのは「糖質をとりすぎないこと」です。
といっても日々の食生活で、常に糖質をひかえたメニューを作り続けるのも大変なもの。
そこでオススメなのが、休日など時間のあるときに、糖質オフの惣菜をつくりおきしておくことです。

 

時間に余裕があるときなら、調理の際、糖質の少ない食材や調味料を意識して選べるので、
毎日の糖質摂取量をコントロールしやすくなります。

 

食材も、あらかじめメニューを決めたうえで、セールのときにまとめ買いすれば経済的ですし、
つくりおきのおかずが複数あれば、品数が増えて食卓がにぎわい、食事の満足度も高まります。

 

つくりおきで、無理なく、おいしく、糖質オフのヘルシーな毎日を!

 


あじのナゲット

 


砂肝のしょうが煮

 


油揚げの塩煮

 


大根のしょうが焼き

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ「食べてやせる糖質オフのつくりおきおかず」
撮影:大垣善昭

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.