楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

5月のテーマは「きくらげでスローダイエット」

5月のテーマは「きくらげでスローダイエット」

 

きのこ類の中でも、食物繊維の含有量が圧倒的に多いのがきくらげ。
低カロリーで、よく噛んで食べる、ダイエット向きの食材です。

 

カルシウムの吸収を高めるビタミンDの含有量も圧倒的に多く、
血液中のカルシウム濃度を安定させるのにも役立ち、骨粗しょう症を予防します

 

また疲労回復作用のあるビタミンB群も豊富です。
黒と白があり、黒きくらげは鉄分やビタミンB2がより多く、
白きくらげは抗酸化力が高いといわれています。

 

コリコリっとした食感が特徴で、
味にはクセがないので、さまざまな食材と組合わせて、
ダイエット効果を高めることが期待できると思います。

 

ダイエット中に不足しがちな鉄分が豊富なのもうれしい!です。
夏から秋にかけては、生のものも店頭に並びますが、
通常乾燥品として売られているので、常備しておくと便利です。

 

乾物を調理するときは、ぬるま湯(40度)に15分くらい浸して戻してから使います。
戻すと7倍くらいになるので、戻し過ぎないように気をつける必要があります。
また、戻し汁にはうま味成分は出ないので、他のきのこ類とは異なり、汁は料理には使いません。

 


かんぴょうときくらげのナムル

 


きくらげとにんじんのきんぴら

 


きくらげと豆腐の中華スープ

 


きくらげとおくらの卵炒め

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ
「カラダにやさしい楽々きのこレシピ」「スローダイエット楽々レシピ」
撮影:大垣善昭

5月のテーマは「きくらげでスローダイエット」

5月のテーマは「きくらげでスローダイエット」

 

きのこ類の中でも、食物繊維の含有量が圧倒的に多いのがきくらげ。
低カロリーで、よく噛んで食べる、ダイエット向きの食材です。

 

カルシウムの吸収を高めるビタミンDの含有量も圧倒的に多く、
血液中のカルシウム濃度を安定させるのにも役立ち、骨粗しょう症を予防します

 

また疲労回復作用のあるビタミンB群も豊富です。
黒と白があり、黒きくらげは鉄分やビタミンB2がより多く、
白きくらげは抗酸化力が高いといわれています。

 

コリコリっとした食感が特徴で、
味にはクセがないので、さまざまな食材と組合わせて、
ダイエット効果を高めることが期待できると思います。

 

ダイエット中に不足しがちな鉄分が豊富なのもうれしい!です。
夏から秋にかけては、生のものも店頭に並びますが、
通常乾燥品として売られているので、常備しておくと便利です。

 

乾物を調理するときは、ぬるま湯(40度)に15分くらい浸して戻してから使います。
戻すと7倍くらいになるので、戻し過ぎないように気をつける必要があります。
また、戻し汁にはうま味成分は出ないので、他のきのこ類とは異なり、汁は料理には使いません。

 


かんぴょうときくらげのナムル

 


きくらげとにんじんのきんぴら

 


きくらげと豆腐の中華スープ

 


きくらげとおくらの卵炒め

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ
「カラダにやさしい楽々きのこレシピ」「スローダイエット楽々レシピ」
撮影:大垣善昭

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.