楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

3月のテーマは「モツでスローダイエット」

3月のテーマは「モツでスローダイエット」

 

モツは、鶏や豚、牛などの内臓の肉。
「臓物」の略で、関西では「ホルモン」とよばれることも多いと思います。
部位によって、食感や味わい、栄養には個性がありますが、

 

通常「モツ」というと、小腸と大腸のことをさすことが多いようです。
基本的には、通常の肉と比べて、カロリーが低く、
ビタミンAやビタミンB群、ミネラルや必須アミノ酸、コラーゲンが多いのが特徴です。

 

独特の臭みが気になり、味つけを濃くしたり、香辛料で風味を強めたりしすぎると、
ご飯が進みやすく、ご飯を食べ過ぎることになってしまうこともあるので、
ちょっと注意が必要。

 

新鮮なモツを選んで、血合いや脂肪をとりのぞいて、流水でしっかり洗い、
余分な水分をふいてから調理れば、臭みではなく、本来の旨味を味わうことができると思います。

 

また、痛風の原因といわれているプリン体も多いので、
モツばかりを食べ続けるのは、逆にあまりいい食生活とはいえません。

 

鉄分や銅などのミネラルをはじめ、ビタミンAが豊富な鶏レバー。
低カロリーで高たんぱく、コラーゲンが豊富な砂肝。
鉄分やビタミンB1が豊富で疲れやだるさを改善するのに役立つ豚レバー。
そして、低カロリーで高たんぱく、よく噛むことで食べ過ぎを抑えることにもなり、ダイエット向きな豚の白モツ。
など、それぞれに特徴的な栄養もあるので、
体調を整えるつもりで、自分のカラダの声を聞きながら、サプリ感覚でいただくのもいいと思います。

 


砂肝の南蛮漬け

 


鶏レバーのカレー焼き

 


豚レバーの味噌にら炒め

 


鶏レバーのワイン煮

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「お得な肉で楽々レシピレシピ」  撮影:大垣善昭

3月のテーマは「モツでスローダイエット」

3月のテーマは「モツでスローダイエット」

 

モツは、鶏や豚、牛などの内臓の肉。
「臓物」の略で、関西では「ホルモン」とよばれることも多いと思います。
部位によって、食感や味わい、栄養には個性がありますが、

 

通常「モツ」というと、小腸と大腸のことをさすことが多いようです。
基本的には、通常の肉と比べて、カロリーが低く、
ビタミンAやビタミンB群、ミネラルや必須アミノ酸、コラーゲンが多いのが特徴です。

 

独特の臭みが気になり、味つけを濃くしたり、香辛料で風味を強めたりしすぎると、
ご飯が進みやすく、ご飯を食べ過ぎることになってしまうこともあるので、
ちょっと注意が必要。

 

新鮮なモツを選んで、血合いや脂肪をとりのぞいて、流水でしっかり洗い、
余分な水分をふいてから調理れば、臭みではなく、本来の旨味を味わうことができると思います。

 

また、痛風の原因といわれているプリン体も多いので、
モツばかりを食べ続けるのは、逆にあまりいい食生活とはいえません。

 

鉄分や銅などのミネラルをはじめ、ビタミンAが豊富な鶏レバー。
低カロリーで高たんぱく、コラーゲンが豊富な砂肝。
鉄分やビタミンB1が豊富で疲れやだるさを改善するのに役立つ豚レバー。
そして、低カロリーで高たんぱく、よく噛むことで食べ過ぎを抑えることにもなり、ダイエット向きな豚の白モツ。
など、それぞれに特徴的な栄養もあるので、
体調を整えるつもりで、自分のカラダの声を聞きながら、サプリ感覚でいただくのもいいと思います。

 


砂肝の南蛮漬け

 


鶏レバーのカレー焼き

 


豚レバーの味噌にら炒め

 


鶏レバーのワイン煮

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「お得な肉で楽々レシピレシピ」  撮影:大垣善昭

Leave a Reply

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.