楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

slowdietなアイテム

ピーラー

ピーラーというとちょっとおしゃれな感じの響きがしますが、要するに「皮むき器」のことです。
スーパーに出ている100均ショップの定番商品でもありますが、実は「皮むき」専用にしておくのはもったいない優れもの。
たとえば、ゴボウのささがき。皮をむく要領でゴボウをスライスしていけば、簡単にささがき風になります。このピーラーのささがき風キンピラゴボウは、味がしみ込みやすく、とてもおいしくできるので、お勧めです。にんじんや大根、キュウリを薄くスライスして、ドレッシングをかければシャキシャキサラダのでき上がり。
サラダの上にもチーズをスライスしてトッピングしたり、お餅だってスライスできちゃいます。包丁と同じくらいの必須調理器です。

シリシリ器

沖縄のお総菜の定番に「にんじんシリシリ」というのがあるのですが、これはニンジンの千切りをさっと炒めて卵で絡めた簡単料理。この千切り用のスライサーが「シリシリ器」です。「シリシリ」という名前は、スライサーでおろすときの「シリシリ」という音から来ているようです。
この「シリシリ器」ですが、にんじん一本くらいあっという間にシリシリできてしまいます。もちろん大根のシリシリなんかもOKです。炒めるなり煮るなり、サラダにするなりすれば、根菜が手軽にたっぷり食べられます。
残念ながら、「シリシリ器」は沖縄以外では手に入らないかもしれません。沖縄では街場の金物屋さんなどに必ず置いてあります。沖縄に行く機会があったら、ぜひ探してみてください。

おろし金

「おろし金」って、きっと一家にひとつやふたつは存在するキッチン道具。

普通おろし金を使うのは、せいぜい大根おろしを作るときくらいでしょう(あとはニンニクをおろすときと、チーズをおろすとき?)。
でも、実はおろし金は、なかなかのスグレモノ。
野菜の細胞をこわさずに旨味を引き出せるし、
ミキサーやフードプロセッサと比べて手入れも簡単。
おろし金ならではのシャリシャリした食感も魅力です。
ダイコンだけではなく、ニンジンやレンコン、キュウリやゴウヤ・・・何でもおろしてみたくなります。
例えばトマト。おろしたトマトに塩を少々くわえれば、それだけでおいしいトマトスープのできあがり。煮詰めればトマトソースに。一人分だけ手軽に作りたいときにも便利です。

すり鉢

「すり鉢」ってあまり使わないんでしょうか?
せいぜいとろろ芋をつくるときに使うくらい?
確かに今は、フードプロセッサーもあるし、すり鉢なんて「面倒くさい」と思えるかもしれません。
でも、山芋やゴマをするだけが「すり鉢」ではありません。たとえば、野菜サラダを作るとき、ニンニクやハーブをすり鉢で潰したところに、オリーブオイルとビネガー、塩・こしょうを入れ、サニーレタスなどを豪快に手でちぎって放り込み、ざっくりと混ぜあわせたらそのままま食卓へ。
ニンニクやハーブをすり鉢ですると、フードプロセッサーでつぶすより香りが一段と引き立ちます。
そのまま食器として使えば、洗い物の手間もはぶけますよね。
いろいろなデザインの「すり鉢」も売られているようなので、おしゃれ版を探してみるのもいいのではないでしょうか。

ページが見つかりません