楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」(笠倉出版社刊)発売中

 

楽々レシピシリーズで、第2弾の「鶏むね肉本」が発売されました。

 

 

鶏むね肉は良質のたんぱく源でありながら、低脂肪で低カロリー、しかも糖質ゼロ!
アスリートやダイエッターだけでなく、健康を意識する人たちにとっても魅力的な食材です。

それを証明するように、鶏むね肉本は、シリーズの中でも大人気で、

1冊目はすでに5刷り!で、ありがたいです。

ダイエッターにとってうれしい食材であるだけでなく、鶏むね肉は低価格。

牛肉や豚肉はもちろん、鶏もも肉よりも安いので、
安心して買うことができ、毎日の食卓にたっぷり使えるのもうれしいところです。

そんな鶏むね肉ですが、難点は食感がパサパサしがちで、どうしてもおいしくならない・・・と思われがちなところ。

でも、下ごしらえや調理方法に気をつければ、鶏むね肉もしっとりおいしく仕上げることができます。

そこで、今回は、ジューシーで絶対おいしい「鶏むね肉の食べ方」というタイトルで
鶏むね肉を「ジューシーにおいしく仕上げる」ための調理法を中心に

 

 

栄養のお話や使いやすい「しっとりゆでチキン」と「ゆでしゃぶチキン」の作り方とアレンジレシピ、

 

 

チキンソテーや揚げ物、煮ものなど、
鶏むね肉のレシピをたっぷりとご紹介しています。

 

 

お財布にやさしく、カラダにヘルシーな鶏むね肉好きの方に
たっぷりと使っていただけたら、うれしい!です。

11月のテーマは、「青魚とスローダイエット」

11月のテーマは、「青魚とスローダイエット」

 

血液サラサラ作用が期待できる良質の不飽和脂肪酸である
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を豊富に含む青魚。

 

特に秋から冬は寒さから身を守ろうとして、エネルギーの放出を少なくし、
脂肪分を蓄えているので、味も栄養も、まさに旬。

 

DHAは、脳の機能を向上させ、EPAは、血栓を防ぐ作用があるといわれていますが、
さらにヒスチジンという物質が脳に作用して食欲を抑制し、
食べ過ぎを防ぐヒスタミンに変り、食べ過ぎを防いでくれる作用もあります。

 

また、新陳代謝を高めるビタミンB群や
肝臓に働きかけて、体内の余分なものを排出するデトックス作用のあるタウリンも豊富です。

 

青魚の不飽和脂肪酸をおいしくいただいて、
秋から冬にむけて、食べ過ぎずにヘルシーな毎日を。

 

さばのしょうが味噌焼き

 


さんまとまいたけのピリ辛煮

 


いわしとかぶのハーブソテー

 


あじと玉ねぎの南蛮漬け

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々カラダ温めレシピ」、 「糖質オフのつくりおきレシピ」
撮影:大垣善昭

ページが見つかりません