楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

「糖質オフのつくりおき」(笠倉出版社刊)発売中

「糖質オフのつくりおき」(笠倉出版社刊)発売中

 

 

「糖質オフのつくりおき」レシピ本が発売されました。

 

つくりおきレシピ本は2冊目。
今回は、「糖質オフ」をテーマに、
糖質オフに欠かせない肉や魚のつくりおきや
たっぷり野菜を毎日手軽に食べるためのつくりおき、
そしてこんにゃく、しらたき、海藻、卵などなど
簡単に作れて、無理なく続けやすい、つくりおきを紹介しています。

 

 

 

つくりおきは、
セール時に買った食材を使いきれるから経済的だし、
忙しいときに作らなくていいから気楽だし、
食卓に並べる品数が増えるから栄養バランスがとれるし・・・
毎日の食生活を便利にそしてヘルシーにするのに役立ちます。

 

糖質オフについては、あまり神経質になるよりも、
ゆるめに過剰な糖質を摂らないようにコントロールするのがいいかと思っています。

 

ただ、ケチャップや焼き肉のタレなどの調味料や
市販のドレッシングやポン酢などが実は糖質コントロール向きではないものが多いので、
やはりドレッシングやタレなどは自作で!と改めて思ったりしています。

 

 

 

 

「カラダすっきり! 酢レモン、酢しょうが、酢たまねぎレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

「カラダすっきり! 酢レモン、酢しょうが、酢たまねぎレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

 

「酢レモン、酢しょうが、酢たまねぎレシピ」本が発売されました。

 

「酢」は、しょうゆ・味噌と並んで、日本の三大発酵調味料のひとつ。

 

「酢」の健康効果は古くから伝えられており、
ダイエットや疲労回復、殺菌作用など、さまざまな作用があることが知られています。

 

そんな健康調味料である「酢」の作用をさらに高めるのが、
酢レモン、酢しょうが、酢玉ねぎです。

 

これらは「酢」がもともと持っている作用に、
レモンやしょうが、玉ねぎが持つ作用を加えることにより、
相乗パワーで健康効果を高めたり、料理のおいしさを深めたり、調理の手間を省いたりするのに役立ちます。
また「酢」を味付けに使えば、酸味が薄味を補うため、減塩にもつながります。

 

 

 

 

今回は、管理栄養士の野口律奈先生の監修のもと、
それぞれ、基本の作り方から
活用術、オススメの組み合わせ食材、
そして日常的に使えるレシピをあれこれとご紹介しています。

 

夏の疲れが溜まりはじめる時期に、お役に立てたら嬉しい!です。

8月のテーマは、「トマトで抗酸化!スローダイエット」

8月のテーマは、「トマトで抗酸化!スローダイエット」

 

強い陽射しを浴びる8月。
秋に向かっているといっても、
カラダも皮膚も夏の疲れをため込み始めています。

 

この疲れの蓄積が、活性酸素となって
皮膚や心身のトラブルを引きおこす要因になってしまいます。

 

なので、活性酸素をため込まないように、
抗酸化力の高い食材をいただいて、
活性酸素を抑えたり、新陳代謝を高めていくことが大切です。

 

トマトには、なんといっても抗酸化力の高い赤色色素のリコピンが豊富。
紫外線や夏の疲れでダメージを受けた、肌や心身の改善に役立ちます。

 

スローダイエットの食材と一緒に調理した
真っ赤なトマトのエネルギーをたっぷりといただいて、夏の疲れを残さずに!
元気に秋を迎えたいと思います。

 


トマトの韓国風サラダ

 


トマトとわかめの和風サラダ

 


トマトとあじの重ね焼き

 


イタリアンチャンプルー

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々トマトレシピ」
撮影:大垣善昭

ページが見つかりません