楽しく健康的に痩せたい人の食生活&ダイエットサイト

slowdiet

news & topics

「野菜で楽々冷えとりレシピ」発売中

「野菜で楽々冷えとりレシピ」(笠倉出版社刊)発売中

 

 

 

夏もカラダが冷えている・・・人たちが増えています。
最近では、女性だけでなく、男性も含めて「冷えている」と感じているそうです。

 

冷えは、主に食事や睡眠、運動などの生活習慣によって引きおこされるといわれています。
不規則な生活リズムや無理なダイエット、そして運動不足によって
血行不良が筋肉不足、脂肪過多などが起こり、血液がすみずみまで行き渡らなくなってしまうのです。

 

「冷えは万病のもと」といわれるように、肩コリ、便秘、肥満なども引き起こす要因になるので、
トラブルが大きくなる前に、食生活を見直すことが大切です。

 

なるべく「温」の野菜をメインに、栄養バランスのいいメニューで、
冷えを改善する食事のお手伝いできれば、と思います。

 

今回は、管理栄養士の野口律奈先生の監修のもと、
冷えとり作用が高いといわれている野菜をメインにしたレシピを、
冷えの改善に役立つオススメ食材とともにご紹介しています。
1年を通して、冷えの改善に役立ちますように!

7月のテーマは、「なすでむくみ改善!スローダイエット」

7月のテーマは、「なすでむくみ改善!スローダイエット」

 

夏は、暑くて汗をかくので、
カラダから余分な水分が出て、むくまないのでは?
と思いがちですが、冷房のきいた室内にいたり、冷たい飲み物を摂りすぎたりして
血液の流れが悪くなり、水分の代謝も滞って、
むくみへつながってしまう・・・ことも多いようです。

 

そこで、やはり、過剰な水分を排出させるように
利尿作用の高いカリウム豊富な野菜を意識的に摂りたいので、
7月はカリウム豊富な「なす」をスローダイエット的レシピでご紹介します。

 

なすは、ビタミンやミネラルなどの栄養分は少ないのですが、
注目すべきは紫色の「アントシアニン」。
老化や病気の原因にもなる酸化を防ぐ、高い抗酸化作用を持っています。

 

また、重量の90%以上が水分なので、低カロリーでダイエット効果も期待できる食材。
スポンジ状の果肉は肉などの旨味をしっかりと吸収するので、
肉自体の量は少なくても満足できる、ヘルシーな一品が作れます。
さらに食物繊維も豊富なので、食べ応えはしっかり。腸内環境もととのえてくれます。

 

カラダの熱をとり、むくみを改善してだるさを解消してくれるなすを使って
7月も快適な毎日を!

 


なすとあじのみぞれ煮

 


なすのすり流し

 


なすのポタージュ

 


なすとひじきの豆腐和え

 

協力:笠倉出版社 楽LIFEシリーズ 「楽々なすレシピ」
撮影:大垣善昭

ページが見つかりません